復縁する!元彼と復縁したい女子の6つのNG行動と成功率をあげる方法

10月15日(火)9時0分 ハウコレ



いろいろな事情があり、彼氏と別れてしまったものの、どうしても忘れらず元彼と復縁したい女性もいることでしょう。では、どうすれば元彼と復縁することができるのでしょうか。


今回は元彼と復縁したい女子の6つのNG行動や成功率をあげる方法などについてご紹介します。


■とにかく元彼と復縁がしたい



たとえまだ好きだとしても彼氏と別れてしまうこともあります。別れてしまったことを後悔し、とにかく復縁がしたいと思う女性も多いはず。


そのため、なかなか次の恋をしようという気持ちにもなれません。ではなぜ元彼と復縁がしたいと思う女性は元彼を忘れて次の恋をする気になれないのでしょうか。そこでとにかく復縁がしたいと思う女性の心理についてご紹介しましょう。



■好きな気持ちが消えてくれない

元彼と復縁したいと思う女性は、理屈では終わった恋は忘れ次の恋に進んだほうがいいということはわかっていても、どうしても好きな気持ちが消えてくれないため元彼を吹っ切ることができません。


そのため、いつまでも元彼を想い続け、元彼と復縁しやり直したいという思いが募るのです。



■彼以上に好きな人ができない

元彼とどうしても復縁したいという思いが強いため、彼以上に好きな人ができないのも終わった恋が吹っ切れない原因です。ほかの男性に気持ちが向かず、とにかく元彼と復縁したいという思いばかりが大きくなるのです。


■復縁できるタイプの男性心理



たとえ自分が復縁したいと思っても、復縁する気がない元彼であっては再び関係を復活させるのも難しくなります。元彼との復縁の可能性があるかないかは、相手の男性のタイプにもよるということです。


では、元彼がどういうタイプであれば復縁できる可能性があるのでしょうか。そこで、復縁できるタイプの男性心理についてご紹介しましょう。



■実は自分もまだ気になっていた

カップルによって別れる原因はさまざまです。お互いに嫌いになったわけではなくても別れてしまうケースもあるでしょう。その場合、相手も実はまだ気になっていたということもありえます。


こういうケースでは元彼も心理的に復縁を望んでいる可能性もあります。きっかけさえあれば元彼と復縁できる可能性も高いでしょう。



■環境が変わればうまくいくかもしれない

もし復縁する気がない元彼であっても、環境が変わればうまくいくかもしれません。たとえば引っ越しや転勤などでどちらかが遠く離れてしまうなどのケースです。


別れたとしても近くにいることで本当の気持ちに気付かなかったのが、遠距離になることで元彼に復縁したいと思わせることに繋がる場合もあります。



■前よりかわいくなってたら気になる

別れたとしても、よほど嫌いにならない限り男性は元カノのことが多少なりとも気になります。そのため元カノが前よりかわいくなってたら気になることもあります。


別れたとはいえ、一度は好きになり付き合ったのですからタイプの女性であることは間違いありません。その元カノが前よりかわいくなってたら当然気になるはずです。


■復縁したいと思わせる女子になるには?



元彼とどうしても復縁したいのであれば、その元彼に復縁したいと思わせる必要があります。もしいまは復縁する気がない脈なしの元彼であっても頑張って復縁したいと思わせることができれば可能性も高くなります。


そこで、元彼に復縁したいと思わせる女性になるための方法についてご紹介しましょう。



■別れた原因をなくす

カップルが別れるにはそれなりの原因があります。そのため、まずは別れた原因をなくすことが重要です。元彼からすると、その原因がそのままでは復縁したいとは考えないでしょう。


その原因さえ解消すれば元彼に復縁したいと思わせることも可能なはずです。また、そのためには別れた原因が何なのかを自分でしっかり理解することが大切です。



■前よりも魅力的になる

元彼に復縁したいと思わせる最大の秘訣は、自分自身が前よりも魅力的になるということです。メイクやファッションなど外見的な魅力はもちろんですが、なによりも内面的に成長することが大切です。その魅力は元彼にも伝わります。そうすれば元彼から復縁を望むこともあるでしょう。


■復縁したいなら絶対にしてはいけない6つのNG行動



元彼のことが忘れられず、辛いからといってもやってはいけないこともあります。元彼と復縁したいのに逆効果となり、復縁の可能性も閉ざしてしまいかねません。では元彼と復縁したいときやってはいけないこととは、どのような行動なのでしょうか。そこで、元彼と復縁したいなら絶対にしてはいけない6つのNG行動についてご紹介しましょう。



■しつこい電話やLINE

元彼への想いが募り、いてもたってもいられない場合にやってしまいがちなのが、しつこく電話やLINEなどしてしまうことです。元彼からすると別れているにもかかわらず、元カノからしつこく電話やLINEがくるとはっきりいって迷惑です。


そのような行動は元彼に復縁したいと思わせるどころか、ますます気持ちを遠ざけてしまいます。どうしても復縁したいのであれば、元彼へのしつこい連絡は絶対にしてはいけません。



■待ち伏せ

復縁したいという気持ちがあるということは会いたい気持ちも強いことでしょう。しかし、復縁する気がない元彼の場合、まともに連絡してもなかなか会ってくれないこともあります。


だからといって待ち伏せして無理やり会うような行動は絶対にNGです。一歩間違えばストーカー行為となり犯罪にもなりまねません。


元彼からすると迷惑なのはもちろん、復縁の可能性も閉ざします。そればかりか完全に嫌われてしまいます。そもそも人としてやってはいけないことです。



■SNSでの落ち込んでるポエム

近年よくあるケースがSNSでの落ち込んでるポエムの投稿です。
そういった内容のポエムは自慰であり、繋がっている人に知ってもらうことで慰めてもらえると考えているかもしれませんが、本人ほど周囲は興味がありません。


また、その内容は直接もしくは間接的に元彼に伝わります。元彼からするといい気分はしないのはもちろん、いろいろな人に拡散されるため迷惑となってしまいます。



■友達に恋愛事情を言いふらす

女性に多いのが友達に恋愛事情を言いふらすことです。ふたりの問題はなるべく周囲には知られたくないものです。復縁するために、信頼できる元彼の友達に相談する程度ならまだしも、いろいろな人に言いふらすことは、元彼からの信用も失ってしまうでしょう。



■自暴自棄になりワンナイトラブ

元彼が復縁してくれないからといって、ワンナイトラブもオススメできません。その時は気持ちがまぎれるかもしれませんが、後から後悔することになり、そのときの男性をただ喜ばせるだけです。しかも、元彼がそのことを知れば確実に復縁の可能性は閉ざされます。



■スピリチュアルや占いにハマる

元彼と復縁できるかどうかといった問題を占いなどに頼ることもあるでしょう。だからといってスピリチュアルや占いにハマるのはやめましょう。


元彼の気持ちや復縁問題は占いで解決できることではありません。あくまでも気分転換や前向きになるための参考程度にしておきましょう。


■冷却期間はいつまで?



元彼もそれなりの理由や原因があって別れを決断したはずです。当然別れた直後では気持ちも変わらないことでしょう。


そのため、どうしても復縁したいのであればある程度の冷却期間は必要となります。
では、元彼と復縁したい場合はいつまで冷却期間をおけばいいのでしょうか。そこで元彼と復縁したい場合の冷却期間はいつまでなのかについてご紹介しましょう。



■どうしても復縁したいなら半年は待つ

別れた直後は復縁する気がない元彼と、どうしても復縁したいなら半年は待つことが必要でしょう。


別れたすぐは元彼もひとりの時間を満喫するはずです。そこから時間を経て気持ちも変化し、半年くらいの期間があれば元カノの気持ちを受け入れる心境にもなる可能性があります。



■気持ちの温度差が埋まるまで

カップルが別れるということはお互いの気持ちに温度差が生まれています。
ましてやまだ未練のある女性と、別れる決断をした男性とはかなりの温度差があることでしょう。


そのためどうしても復縁したいのであれば、ふたりの気持ちの温度差が下がるまでは待つ必要があります。温度差がなくなれば、きっかけさえあれば元彼に復縁したいと思わせることも可能でしょう。


■復縁の可能性をあげるための方法



どうしても復縁したい場合、実際に行動に移すのはそれなりに冷却期間を経てからじゃないといけません。では冷却期間を経てから元彼と復縁するためには、どういうアクションを起こせばいいのでしょうか。そこで元彼との復縁の可能性をあげるための方法についてご紹介しましょう。



■半年で内面も外側も自分磨きをする

元彼と復縁するために半年の冷却期間を置く場合、その半年で内面も外側も自分磨きをすることが重要です。自分磨きをして内面も外側も変わったことが元彼に伝われば、あらためて魅力を感じ、復縁の可能性も高くなることでしょう。


半年後もなにも変わっていなければ、復縁したところで同じことの繰り返しだと思われてしまうはずです。



■久しぶりに連絡してみる

ある程度の冷却期間を経て自分磨きをしたら、久しぶりに連絡して、まずは元彼との復縁のきっかけを作りましょう。しかし最初から「復縁したい」「会いたい」などのガツガツした内容を伝えるのではなく「久しぶり最近どうしてる?」といった近況報告をするような気軽な内容で連絡をすることが大切です。



■連絡が返ってきたら誘う

元彼との復縁に繋げるために、まずは最初に《連絡が返ってくるかどうか》で脈ありか脈なしかを探ることができます。連絡が返ってこない場合は当然のことながら脈なしだということです。連絡が返ってきたら誘うようにしましょう。


久しぶりに連絡して元彼から返信があるということは、食事など気軽に誘えば会える可能性も高いでしょう。最初から誘うのではなく、連絡が返ってきたら誘うのがポイントです。最初からガツガツしたら元彼も引いてしまうこともあります。



■前の失敗を謝りつつ真剣に告白する

元彼が誘いをOKし、実際に会ったときは前の失敗を謝りつつ真剣に告白するようにしましょう。返信がきて誘いに応じてくれるということは、元カノの話を聞いてあげる気持ちになっているということであり、失敗を謝り真剣に告白することで、もう一度やり直してみようという心境になってくれる可能性も高くなるはずです。


■復縁したいと思わせるLINEはある?



元彼と復縁したいのであればLINEなどで連絡をとり、実際に会って気持ちを伝えなければいけません。では、元彼に復縁したいと思わせるLINEはあるのでしょうか。


LINEのやりとりでまずは相手の気持ちを探って引きつける必要もあります。そこで、元彼に復縁したいと思わせるLINEについてご紹介しましょう。



■LINEはあくまできっかけ作り

確かにLINEのやりとりから実際に復縁まで繋げなければ想いは成就しませんが、LINEはあくまでもきっかけ作りだということを心得ておきましょう。


LINEのやりとりだけで復縁できるということではありません。冷却期間から、また連絡をとり合い、会ってあらためて告白するという流れの最初のきっかけだということです。



■LINEで自分の話ばかりするのはアウト

元彼と復縁したい場合のLINEで自分の話ばかりするのはアウトです。しっかりと相手との会話のキャッチボールを意識してLINEすることが大切です。


自分の話ばかりするのは、気持ちの押し付けであり、それでは元彼に復縁したいと思わせることはできません。元彼と復縁したいのであればLINEのやりとりで、きちんと相手の状況や気持ちも聞くことが大切です。



■LINEで会ってもいいかなという雰囲気をつくる

実際に会って気持ちを伝えるためにも、LINEで「会ってもいいかな」という雰囲気をつくることが重要です。


出会った頃のような新鮮な気持ちに戻れるように、元彼の話に一喜一憂し、会いたいという気持ちを持ってもらうようにしましょう。それこそが元彼に復縁したいと思わせるLINEです。元彼に自分のことをわかってくれるのはやっぱりコイツだけだと思わせるということです。


■まとめ



今回は元彼と復縁したい女子の行動と成功率をあげる方法についてご紹介してきました。元彼のことが忘れられず、どうしても復縁したいのであれば、自分勝手にならず相手の気持ちも考えてチャンスを待ちましょう。


大好きな元彼と復縁し、再び彼氏と彼女の関係に戻って新たな恋愛関係を築いていってくださいね。(探偵N/ライター)


(ハウコレ編集部)

ハウコレ

トピックス

BIGLOBE
トップへ