【付き合ってても幸福度が低けりゃ意味ない】恋愛で痛い目にあいやすい女子の共通点

10月15日(火)13時0分 ハウコレ



こんにちは、美佳です。
「彼氏はいるけど・・・なんかそんなに幸せじゃない」って正直、一人でいる時よりも寂しかったり切なかったりしませんか?


できればそんな恋愛はしたくないですよね。


ということで本日は、自分で恋愛の幸福度を下げてしまっているかもしれない言動についてご指摘したいと思います。


■自分が正しくないと気が済まない

自分の考えが絶対で それを相手に押し付ける、相手に間違いを指摘されても素直に認めないどころか逆ギレして正当化する・・・・・・など、何においても自分が正しくないと気が済まない我の強いタイプでは、恋愛もうまくはいかないでしょう。


自分が正しくないと気が済まない偏った完璧主義タイプは高確率で人間関係においてミスりますよ。特に相手と密になる恋愛関係なら なおさら。
価値観や、正しい基準は人それぞれです。それを相手に強要したりするのはよろしくありません。価値観を押し付ければ押し付けるほど、相手の関係は壊れていくばかりですから。


筆者のホステス時代の同僚に人に指摘されても認めない我の強い女性がいました。デキ婚してお店を辞めましたが、1年もしないうちに離婚。まぁ、あの性格じゃ誰と付き合っても衝突は否めないだろうな・・・とは思ってましたがね。


■彼好みの女になろうと必死・いつも自分の意見を言わない

我が強いのもいただけませんが、彼好みの女になろうと必死になる・いつも自分の意見を言わない、のも幸福度低めの原因に。


これ、頭ではわかってるはずなのに、彼好みの女になろうと必死になったり、彼に嫌われないように自分の意見を言わない女子は結構多いですよ。わかってるだけじゃなく、改善しないと意味ないですから。


彼のために頑張る子の多くが、どこか彼からの愛情の見返りを求めている気がするのです。個性を残しつつちょっとイメチェンくらいなら大いにアリだと思うのですが、愛されるために個性がなくなるまで自分を変えるというのは愛じゃない気がします。


上述のホステス時代の同僚ですが、結婚前 交際2、3か月の一番盛り上がっている時期は彼(元旦那)のいいなりでした。


彼が「仕事でバリに行くから一緒に来いよ」といえば、借金をしてまで海外について行くほど・・・・・・。


お店では我の強さを発揮していたのですが、プライベートでは彼と結婚したいがために彼の顔色を伺ったりと必死だったみたいで・・・。


必死になればなるほどストレスもたまるしボロも出ますから、うまくいかなくなることもありますよ。特に人間関係は。


■彼の行動をなんでも知りたがる

彼の行動をなんでも知りたがる子の多くは自分で恋愛を壊していることにあまり気づいていない気が・・・・・・。だから、繰り返しちゃうんですよね。


彼のことが好きすぎると「会っていない時に実は浮気しているんじゃ・・・」と不安になるのもわかりますが、その妄想から「今どこ?」「誰と飲んでるの?」「写真送って」「なんで電話でれないの?」など全てを把握しようとするのは彼からしたらホラーです。なんの証拠もないうちから変に詮索するのはよろしくありません。
どこか恐怖感のある関係が円満に続くわけないですよね?


筆者の女友達が完全これ。朝から晩まで連絡取らないと気が済まないタイプで、不安な時は「今ホントに家?写真送って」と写真を強要するほど・・・。案の定すぐに別れてしまいました。


■愛されているか不安になったら揺さぶりをかける

彼に愛されているか不安になると他の男の影をチラつかせたり、別れをチラつかせたり、数日音信不通にしてみたり・・・・・・と不安になるたびに揺さぶりをかけて彼の反応を伺う女子もいるでしょうが、それ 恋愛の幸福度 高いです?
揺さぶりをかけて幸福度が高いというのなら、性格がよろしくない気がします。「彼は不安になって必死になるぐらい、私のことが好きなんだ!幸せ!」って、結構やばいですからね。




好きな気持ちが強いほど不安になることも多いでしょうが、その解消法が揺さぶりをかけるといのはいかがなものかと思うのです。それって、自分の幸せや安心のために、大切な相手を苦しめてるってことです。そして、ハッキリ不安を伝えて解決したわけではないからこそ、何回も同じようなことが起きて、そのたびに不安を感じるでしょう。不安な気持ちは「揺さぶりで試す」じゃなく素直に伝えたほうが良いですよ。


■終わりに

付き合っていても幸福度の低い恋愛じゃ一人の時のほうがマシですよね?
辛い恋愛にならないためにも、至らない点は改善or工夫していきましょう。(美佳/ライター)


(ハウコレ編集部)


ハウコレ

「恋愛」をもっと詳しく

「恋愛」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ