たったひとり、大好きな彼から愛されたい!自分に合ったモテテクを見つける方法

10月15日(火)23時0分 ハウコレ



飲み会で席を外すときに軽くボディタッチをしてみるとか、物を拾うときはしゃがんで腕をクロスさせて取るとか、世の中にはいやというほどモテテクが存在します。


それでも、最近は「やたらめったらモテテクを使えばいいというわけではない」という風潮が強まり、安易にモテテクを使うのではなく、きちんと取捨選択をしようと言われるようになってきました。しかし、実際どんなモテテクを使うべきで、どうしたら本当にモテるのかがわからない。これが世の女子の本音だと思います。


■・なぜ「モテたい」のか?

そもそも、みなさんはなぜモテたいのでしょうか?


「そんなの彼氏が欲しいからに決まってる」という声が聞こえてきそうです。しかし、中には「彼氏はいらないけど単に男子からチヤホヤされたい」という人もいるでしょう。


人それぞれ目標が異なるのに、「モテテク」がすべて同じな訳がないのです。つまり目標によって、モテテクも、そのモテテクの見つけ方も、もちろん異なる。これが普通です。


そこで今回は、「彼氏が欲しい」、さらに掘り下げて、「ひとりの男から愛されたい!」と強く願う方々向けに、自分に合ったモテテクの見つけ方ご紹介していきます。


■・モテテク=「自分」をアピールするテクニック

モテテクは、自分の魅力や長所を引き出し相手に伝えるためのテクニック。自身のアピールポイントを引き出すには、まず自分で自分の魅力を知っておかなければいけません。すなわち、自分に合ったモテテクを見つけるためには、自己分析が大切なのです。


例えば、本当は寂しがりやで甘えたがりだけど、重い女だと思われたくない一心でサバサバ系女子を演じてしまうのは適切なモテテクと言えません。それで一時的に周囲からの好意をゲットできたとしても、付き合ってからも演技を続けるのはしんどいもの。また、付き合ってから素を出しても、サバサバ系を演じているあなたに惹かれた彼が「話が違うよ」となってしまうのは当然なのです。


寂しがりやで甘えたがりなら、それを「重い」と思わせないようにポジティブに伝えられるよう工夫するのが本当のモテテク。上目遣いをしてみる、彼に相談を持ちかけて弱い部分を見せてみるなど、「甘えたがり」をうまく伝えるテクニックはたくさんありますよね。


■・大勢からチヤホヤされたい?ひとりから愛されたい?

そもそも、「モテる」という言葉を聞いて、「たくさんの男子から言い寄られる、チヤホヤされる」というイメージを抱いている人も少なくありません。しかし、思い出してみてください。みなさんの目標は、大勢の男子からチヤホヤされることではなく、ひとりからとことん愛されることのはずです。


大勢からチヤホヤされることが目標であれば、巷に溢れる「男子ウケを狙ったファッション」や「モテ女子の仕草」を取り入れ演じることで、ある程度モテをゲットできるかもしれません。


しかし、ただひとりの男性から愛され、愛しあいたいのであれば「演じる」「無理をする」のは逆効果。ボロを出すことに怯え、頑張らなければ愛されない状況を自ら作り出してしまう前に、自分の魅力は何か?どうしたらそれを伝えられるか?というオンリーワンのモテテク研究してみましょう。


■・おわりに

自分を偽るテクニックを使い、付き合った相手に対して「ありのまま(どんな私でも)愛してよ」と要求するのは、横暴すぎやしませんか?


恋愛は、出会いから始まり付き合ってからも続いていく長い旅路のようなもの。付き合えた瞬間最高に愛される恋愛より、付き合ってからどんどん愛されるためには、最初から「自分にはこんな魅力があります!」とテクニックを行使して伝えていくのが有効なのです。


自分の魅力ってなんだろう?甘えたがり。面倒見のよさ。チャームポイント。それを把握することができたら、いついかなる時も自身の魅力を120%伝えられるよう、テクニックを磨いていきましょう。(桃花/ライター)


(ハウコレ編集部)


ハウコレ

「飲み会」をもっと詳しく

「飲み会」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ