交際1年でゴールイン!スピード婚するカップルがしていたこと

10月16日(火)21時0分 yummy!

長く交際してから結婚をする人もいれば、交際1年で入籍をするカップルもいます。結婚するかどうか、短い交際期間の中で決めることができたのは、なぜなのでしょうか?
スピード婚をしたカップルが交際中にしていたことをまとめてみました。

真剣交際かどうか確認


短い期間ながら、濃厚な時間を過ごし、しっかり関係を構築したカップルがスピード婚を果たしています。すぐに結婚を決められたのは、お互いに将来のことを考えて真剣交際をしていることがわかったからです。
交際している相手がお互いに以上のような条件にいくつか当てはまっていると、真剣交際かどうかも確認しやすいようです。
・将来結婚したいという願望がある
・子供が早くほしいと思っている
・結婚適齢期を迎えている
・結婚しないなら交際する意味がないと思っている
・絶対に結婚に失敗したくない
・慎重な性格
長く時間をかけてもいいから、相手のことをじっくり見てから結婚するかどうか決めたいというよりも、限りある時間の中で無駄なことをしたくない、と慎重な姿勢な人がスピード婚を選んでいるのかもしれません。

絶対に譲れない結婚相手への条件


結婚に対してこだわりが強い人は、絶対に譲れない条件があるようです。
例えば、外見や年収、学歴や経歴などの条件的なことから、考え方や価値観まで、「相手にはこうあってほしい」という譲れない条件があり、それが相手に該当するのかを確認する作業があります。
「結婚後は絶対に仕事を続けたい」「家事は分担したい」「子供は産みたい」など、結婚後に考え方が相手と異なると揉めやすいことを事前に話し合っておくと、スムーズに結婚まで話が進みます。

こまめに交際継続か、別れるかを確認


交際1年でスピード婚をしたということは、大体交際半年頃にはお互いに結婚の意思があったということになります。お互いの親に紹介し合い、結婚の了承を得たり、両家顔合わせや、結納、結婚式場を決めたりと入籍までには、必要な段階がいくつもあるからです。
スムーズに思えるような結婚までの道のりは必ずしもスムーズだったとも限らないので、お互いの気持ちが寄り添っているかどうかをこまめに確認する作業が必要です。
数ヵ月に1度「付き合って○ヵ月になるけれど、不満はない?このまま真剣に交際を続けていてもいい?」といった話し合いがあれば、普段の不満などを言う機会も持てますよね。
その話し合いを積み重ねて、いよいよ結婚への段階を進めていきます。

だから結婚が早かった!


結婚までの時間が短いのは、その分、相手としっかり向き合って、いろんなことを話し合い、「この人となら、いろんなことも乗り越えていけそう」と感じたからです。
ダラダラと長すぎる交際を続けるよりも、コンパクトに集中したお付き合いから結婚に発展するカップルもいます。交際の参考にしてみてはいかがでしょうか。
(番長みるく/ライター)

yummy!

「交際」をもっと詳しく

「交際」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ