BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

本人は自覚ナシ!? 美容師が案じる「客のヘアトラブル」1位は白髪が…

美レンジャー10月17日(月)11時0分
画像:本人は自覚ナシ!? 美容師が案じる「客のヘアトラブル」1位は白髪が…
写真を拡大
画像:本人は自覚ナシ!? 美容師が案じる「客のヘアトラブル」1位は白髪が…
写真を拡大


美意識の高い女性ほど気になってしまうのが、髪のエイジングですよね。年齢を重ねるとともに、髪が細くなったり乾燥が激しくなったりと、まさに今、頭皮や髪に悩みを抱えている女性もいるのではないでしょうか。


マンダムが経験年数10年以上の美容師100名に行った調査結果では、女性たちが認識している悩みと、ヘアのプロである美容師さんが気になっているヘアトラブルには違いがあることが分かりました。


今回は、そんな女性の髪のトラブルについてお伝えします。


 


■自覚がある髪のお悩みワースト3

髪の毛に悩みがあると、いつもお世話になっている美容師さんに相談している女性も多いのではないでしょうか。


同調査で「(頭皮のトラブルについて)どんな相談が多いですか?」と質問をしたところ、以下のような悩みが並びました。


第3位・・・フケ(18%)


第2位・・・頭皮のかゆみ(24%)


第1位・・・頭皮の乾燥(25%)


イマドキの女性たちの髪にまつわる悩みは、見た目の印象にも影響する要素が並ぶ結果になりました。


髪のプロである美容師さんからアドバイスがもらえるのは、自分の髪質を理解してくれている上での助言なので心強いものです。


ところが、プロの目から見ると別のヘアトラブルの方が気になっているケースも多いようです。


 


■プロが心配している“お客様の髪トラブル”

さらに同調査で「ここ10年での女性のお客様の変化」を聞いてみたところ、自分では気づきにくい変化が続々と発覚。


プロから見て気になる点を回答から抽出すると、以下のような課題が挙げられていました。


3位:「髪の細い人が増えた」


2位:「頭皮の硬い人が増えた」


1位:「若い人の白髪が増えた」


後ろや頭頂部分の白髪は自分では気づきにくく、頭皮の硬さも意識してマッサージをしていないと自覚しにくいもの。さらに、髪の細さについても、自分の髪の毛しか見ていない方がほとんどなので、他人と比べて細いかどうかは分かりにくいですよね。


 


自分の髪の毛は毎日見て触るパーツだから、慣れてしまって変化には気づきにくいこともありますよね。その変化にいち早く気づくためには、ご自身の変化に注意を払っておくことが大前提ですが、信頼できる美容師さんに定期的に相談をするのもいいでしょう。そうすれば早めの対処も可能です。


日頃、同じ角度からしか鏡を見ないならば複数使って、後ろ姿や頭頂部のチェックしたり、セルフマッサージやシャンプーのときに変化に意識を向けてみたりするよう、気をつけていきたいですよね。


 

はてなブックマークに保存

最新トピックス

トレンドトピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

関連ワード

「トラブル」をもっと詳しく

注目ニュース
いい妻、いい彼女なのに浮気されるのはなぜ? All About7月9日(日)20時45分
どんな彼のことも受け入れる。説教したり責めたりしない。自由にさせてあげる。……ずっと「いい彼女」「いい妻」をがんばってきたはずなのに、浮気…[ 記事全文 ]
【クイズ】3枚の心霊写真のうち合成されていないものはどれでしょう ロケットニュース247月20日(木)22時10分
嘘かホントか心霊写真。これだけテクノロジーが発達した世の中であっても、心霊特番の人気は尽きない。[ 記事全文 ]
重大な副作用、ロキソニンで腸閉塞が起こる可能性は? All About7月19日(水)21時15分
2016年3月22日、厚生労働省がロキソニンの「重大な副作用」の項目に「小腸・大腸の狭窄・閉塞」を追記するよう指示を出しました。[ 記事全文 ]
スイカの「超大型巨人」襲来! 息子ために母が作った「進撃の巨人」スイカアートが凄いと話題に BIGLOBEニュース編集部7月19日(水)18時39分
「進撃の巨人」に登場する超大型巨人の顔を表現したスイカアートがTwitterに投稿され、クオリティが高くて怖いと話題になっている。[ 記事全文 ]
【緊急警告】アリューシャン列島M7.8地震→日本で南海トラフ地震と富士山噴火か!? 過去データが示す恐怖の連鎖 tocana7月20日(木)7時30分
2017年7月18日8時34分(日本時間)、アリューシャン列島にあるロシア領コマンドルスキー諸島を震源とするM7.8の地震が発生した。[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 重大な副作用、ロキソニンで腸閉塞が起こる可能性は?All About7月19日(水)21時15分
2 結婚翌日に早くも後悔した新妻、一度出した婚姻届を「キャンセル」できる?弁護士ドットコム7月6日(木)9時22分
3 【緊急警告】アリューシャン列島M7.8地震→日本で南海トラフ地震と富士山噴火か!? 過去データが示す恐怖の連鎖tocana7月20日(木)7時30分
4 スイカの「超大型巨人」襲来! 息子ために母が作った「進撃の巨人」スイカアートが凄いと話題にBIGLOBEニュース編集部7月19日(水)18時39分
5 【閲覧注意】20年間も歯を磨かないとこうなるって動画がマジでヤバい!ロケットニュース247月19日(水)14時30分
6 リカちゃんがミニチュア料理番組を開始! セットや料理がハイクオリティなのに「本日の先生」だけ異色の存在感ガジェット通信7月20日(木)14時0分
7 【クイズ】3枚の心霊写真のうち合成されていないものはどれでしょうロケットニュース247月20日(木)22時10分
8 炎上中の上西小百合議員 SNSに「よしっ、球児!」と投稿し阪神ファンからブーイングガジェット通信7月19日(水)14時25分
9 葬儀後に必ずすべき5つの相続手続きとその流れとはAll About7月12日(水)8時5分
10 猫漫画家・うだま氏が創作活動の終了を発表 盗用の謝罪を終わらせず復帰、新刊の出版も中止BIGLOBEニュース編集部7月19日(水)12時30分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア