【知っ得ライフハック】これなら失敗しない!卵の黄身と白身を一瞬でわける方法

10月18日(日)7時30分 イエモネ

濃厚な黄身を楽しむ卵かけごはんに黄身のしょうゆ漬け、はたまた卵白を泡立てて作るメレンゲなど、卵黄だけ、あるいは卵白だけを使うことって、意外と多いものです。さて、みなさんはどのように卵黄と卵白をわけていますか? 卵の殻を使ってわける方法が一般的ではありますが、もっとカンタンな方法があるんです! 今回は卵黄と卵白を一瞬でわけるライフハックをご紹介します。

用意するもの&手順

【用意するもの】卵、ボウル、スプーン(※食事のときに使うテーブルスプーン)



ステップ1. ボウルに卵を割り入れ、黄身をスプーンで優しくすくう。



5秒ぐらい待つと白身が落ちて、スプーンの先には黄身だけが残ります。



こんなシーンで役立ちます



今回ご紹介した方法は、卵をたくさん使うときに実力が分かる裏ワザです。

例えばシフォンケーキにカスタードクリームなど、卵黄が3つ以上必要になるとき。卵の殻を使って分けると時間がかかるし、殻が黄身に刺さり、うっかり卵白と混ざってしまうことも。卵白に卵黄が混ざると、卵白が泡立たなくなってしまうので、要注意。この点、スプーンだと失敗することはまずないので、繊細なお菓子作りの際にも安心です。

オマケ:卵白は冷凍できる!



凍らせた卵白でメレンゲを作ると、あっという間に泡立つ!

さて、料理やお菓子作りで卵黄だけが必要なとき。残った卵白の使い途があれば冷蔵庫で保存するのもいいのですが、3日ぐらいを目安に使い切りたいものです。もし卵白が大量に余ってしまった場合は、冷凍保存がおすすめ。1カ月は保存できるし、半解凍の状態で泡立てれば、メレンゲをあっという間に作ることだってできちゃいます。

毎日が少し楽しくなる、キッチンのライフハック。卵黄をスプーンですくったときに卵白がスルッと落ちる瞬間が、ちょっとした快感だったりします。卵料理を作るときには、思い出してみてくださいね〜!

[All photos by sweetsholic]
Please do not use the images without permission.

イエモネ

「しょうゆ」をもっと詳しく

「しょうゆ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ