生前は人を笑わせることが大好きだった男性、遺言通りに葬儀中のサプライズ。追悼者らを笑顔に(アイルランド)

10月18日(金)14時30分 カラパイア

grave5_e
image credit: youtube

 葬式では、愛する故人の死を悲しみ、静かに悼みを表すのが一般的だ。台湾のように、国によっては明るく元気な葬儀が執り行われることもあるが、アイルランドの場合には、粛々と静かに行われる。

 だが、このアイルランド男性だけはちょっと違ったようだ。彼は生前、人を笑わせることが大好きだった。自分の葬儀に参列した人々ですら笑顔にしたかったのだ。

 そこで彼は生前、自身の葬儀に関するある計画を立て遺言として残した。そしてそれは残された遺族により望み通り行われた。

 彼の計画はみごと成功。追悼者たちはみな笑顔になり、笑いながら彼を見送ってくれたのだ。

Irish man leaves funny recording for his funeral

・自分の葬儀に関する計画を書いた遺言を残した男性

 アイルランドのダブリンに住むシェイ・ブラッドリーさんは、家族に見守られながらその生涯を閉じた。

 イタズラ好きで陽気でユーモアに溢れ、笑顔を絶やさなかったシェイさんは、生前は持ち前の明るさで周りの人を笑わせるのが大好きだった。



 自分が死んでも、追悼に来てくれる人たちには悲しみだけを感じてほしくない。笑顔で見送って欲しい。…そんな思いがシェイさんにはあったのだろう。

 シェイさんは生前に自分の声を録音し、それを葬儀の埋葬時に流してほしいと家族に遺言として伝えていた。

 サプライズで録音された音声が、葬儀の最中に流れると、死んだはずのシェイさんの声を棺の中から聞いた追悼者らは、驚くと同時に笑い出した。

grave1_e
image credit: youtube

・生前に録音した音声で、棺の中から追悼者を笑わせる

 葬儀が執り行われた10月13日、身内や友人たちに見送られる中、シェイさんの遺体が収めたれた棺が、深く掘られた地面に横たえられると、葬儀の参列者らはシェイさんへ最後の別れを始めた。

 しかしその時、突然シェイさんの声が墓地に響いた。

トン、トン、トン(ノックの音)。おーい。おーい!!

ここはいったいどこだ!? なんて真っ暗なんだ! 誰か俺をここから出してくれ!

 シェイさんがまるで生きているかのように棺の中から声を上げたのだ。

grave4_e
image credit: youtube

 参列者らは一瞬驚いたが、すぐに笑顔になり、中には吹き出す者もいた。

聞こえるのは、牧師さんの声かい?

 シェイさんのその呼びかけに、葬儀を執り行っていた牧師は笑いをこらえ、頭を下げた。

 おそらく、牧師にとっては型破りな葬儀だったに違いない。しかし、それこそがシェイさんが最期まで望んでいたことだったのだ。

grave2_e
image credit: youtube

・故人の望みが叶えられた笑顔での見送り

 悲しみを堪えながら、最後まで笑って送り出してほしいというシェイさんの思いは、参列者全員に届いたようだ。

 葬儀は、涙を拭って笑顔こぼれるものとなり、生前のシェイさんらしさがたっぷり滲み出た素晴らしい見送りとなった。

 シェイさんの娘は、ツイッターでこのように綴っている。


ものすごく悲しんでいる時に、みんなを笑わせようとするなんて…。でも生前に、自分の声を埋葬時に流してほしいと頼まれたの。ほんとに父らしい。永遠に大好きよ。

 動画がソーシャルメディアで公開されると、ユーザーらからはこのようなコメントが寄せられた。

・なんか、いい葬儀だね。みんなにきっと好かれていただろうこの男性のことを、自分ももっと知りたいと思ってしまった。

・最後まで笑顔で見送るって素敵。周りの人も理解があっていいね。

・願い通り、みんなが笑顔になってきっと彼も嬉しいだろうな。

・多分、あの世から笑って見ていると思う。

・この動画が拡散されたことで、彼は身近な人だけじゃなく、世界中の知らない人を笑わせることにも成功したってわけだね。

・ユーモアとジョークに溢れているこんな人素敵。どうか安らかに…。

・こういう方法で故人を見送るアイルランド人っていいな。

・面白いだけじゃなくて、なんだか心がほっこりするよね。

written by Scarlet / edited by parumo

カラパイア

「葬儀」をもっと詳しく

「葬儀」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ