恋愛を進めやすい「隙のある女性」ってなに?改めて考える

10月19日(木)17時0分 ハウコレ



どこか隙がある女性は壁をあまり感じないので、男性も気軽に誘いやすく、距離も縮まりやすいので、「恋愛が進展しやすい」といえます。




今回は、そんな「隙あり女子」の共通点を紹介します。


■1.自分から「話しかける」

「よく話しかけてきてくれる女の子には、壁は全く感じないよね。むしろ好意を持ってくれているようにも見えちゃうから、こっちも気軽に話しかけることができる」(28歳/男性/営業)


いつもクールで物静かだったり笑顔が少ない女性って、男性からすると話しかけにくい雰囲気があります。これこそまさに、隙がない女性。


話しかけやすい隙を作るには、まずは自分から話しかけるのが一番手っ取り早いです。なにも、アプローチだと思って身構える必要はありません。


挨拶やちょっとした世間話、内容はささいなものでいいので、「自分から」発信することが重要。その姿勢があれば、男性からも、気軽に話しかけてくるでしょう。


■2.「弱い部分」を隠しすぎない

「自分の弱い部分とかを一切見せようとしない女性って、カッコイイですけど完璧主義っぽく見える。なんかちゃんとした男じゃないと受け付けないような印象も持っちゃうかも」(27歳/男性/IT)


弱い部分やダメな部分を見せたら嫌われてしまうなんて思ったりもするかもしれません。たしかに、ダメな部分ばかりを見せられたら、引かれてしまう可能性もあります。


でも、そういった弱さをすべて隠して「完璧な自分」を演じるのも、ハードルが高そうに感じられて、せっかく魅力的でも「高嶺の花」状態になってしまいます。


たまには弱い部分も見せると、意外と男性はほろっと心を揺さぶられるものですよ。


■3.「リアクション」がかなりいい

「自分の話を爆笑しながら聞いてくれたり、プレゼントをあげたときに大喜びしてくれたりすると、こっちもかなりうれしくなる。反応がちゃんとある子とはやっぱり接しやすい」(27歳/男性/マスコミ)


リアクションが薄い女性は、何を考えているのかわからない。
一緒にいても楽しんでくれていないように見える。


これが男性の本音。男性は自分からアプローチするからには、「傷つきたくない」という気持ちもありますから、こういう女性には怖気づいてしまうのです。


気になる男性に対しては、ちょっと大げさなくらいにリアクションをするのもひとつの手ですよ。


■4.適度に「お願い」をする

「『相談に乗ってほしいことがあるんです』って頼られたりすると、やっぱり親近感は湧いてくるかな。こっちもなんとかして助けてあげたいなって気持ちになる」(29/男性/メーカー)


誰にも頼らずに、何でも自分で解決しようとするその姿勢は、大人としてすごく立派なことだと思います。


でも、もし気になる男性がいるのなら、ちょっと頼ってみる、相談してみることはさり気なく、だけど効果的なアプローチとなります。


「自分」を頼りにしてくれている女性、誰かれ構わず甘えて押し付けるのではなく、いつも頑張っている自立した女性が「自分のことを頼ってくれている」ことは、男性にとって「あなたは特別」と言われているように感じるのです。


■おわりに



隙が全くない女性には、男性も簡単には近づくことができないので、気になっていたとしてもなかなかデートに誘ったりもできません。


でも、程よい「隙」を持つようになれれば、男性からのアプローチも大きく変わってくるはずですよ。 (山田周平/ライター)


(ハウコレ編集部)
(かしゅかしゅ@cashe_cashe2525/撮影)

ハウコレ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

恋愛をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ