コウケンテツ「ナシレマ」実演調理 「8割共働き」マレーシアの国民食を紹介

10月19日(金)17時30分 J-CASTニュース

マレーシアの国民食「ナシレマ」

写真を拡大

給湯器など住宅設備メーカーのノーリツ(兵庫県神戸市)は2018年10月15日、新宿にある同社のショールームで、料理研究家のコウケンテツさんによるキッチン機器「ピアット」の実演・試食会を実施した。


「同時調理」にピッタリの最新コンロ


当日、コウさんが実演調理したのは、8割が共働きのマレーシアにおいて国民食として親しまれる「ナシレマ」。ココナッツミルクで炊き上げたご飯と、チリソースの一種「サンバルソース」が特徴の料理だ。「チキンカレーや、サバの煮つけといった、よく食べられている普段のおかずと合う」と話した。



ご飯を炊きながらおかずやスープを作るといった「同時調理」を提唱しているコウさん。「ナシレマ」の調理で使用したノーリツの最新コンロ「ピアット」の「マルチグリル」について、「手間を省くことと美味しさを両立してくれる点がいいと思います」と、共働きの夫婦にうれしい点を挙げた。コウさん自身も日常生活で夕食時にマルチグリルを活用していると話した。



「ピアット」の「マルチグリル」には、メニューに応じた火加減に自動で調整できる機能がついている。発表資料によれば、ひっくり返したり、炒めたりする手間がかからず、煮崩れもしにくいので誰でも失敗なく仕上げられるという。

J-CASTニュース

「調理」をもっと詳しく

「調理」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ