八景島シーパラダイスが最新イルミネーションで幻想的な水族館に 「楽園のアクアリウム2015 WINTER」開催

10月20日(火)13時3分 BIGLOBEニュース編集部

八景島シーパラダイスが「楽園のアクアリウム2015 WINTER」を開催

写真を拡大

横浜・八景島シーパラダイスは、2015年11月7日から2016年2月28日まで「楽園のアクアリウム2015 WINTER」を開催する。


「楽園のアクアリウム2015 WINTER」では、これまでにない新体感型イルミネーション「アクアフォレスト」で、冬の水族館の新しい楽しみ方にこだわった空間を演出する。


「アクアフォレスト」は、東京駅丸ノ内駅舎プロジェクションマッピングなどの作品を次々と演出・制作しているクリエイティブチーム「ネイキッド」とのコラボレーションで実現。透明フィルムを水槽の表面に設置し、新素材ファイバーを装飾するなど、水族館「アクアミュージアム」の中に、「トロピカルアクアフォレスト」「スノーアクアフォレスト」といった、これまでにない水と森が織りなす光の楽園を創出する。


楽園のアクアリウム2015 WINTER1


「トロピカルアクアフォレスト」は、5万尾のイワシの大群を大迫力で鑑賞できる高さ8メートル、水量1,500トンの大水槽「群れと輝きの魚たち」と、吹き抜けの円形の空間が舞台。“海の生きものたちの楽園”をテーマにした空間演出と、生きものたちが魅せるダイナミックな海中ショーが、神秘の楽園「アクアフォレスト」を創り出している。日中は“海中に降り注ぐ木漏れ日の世界”をイメージした「太陽の光」、夕方以降は“海に降る雪と氷の世界”をイメージした「月の光」でファンタスティックな空間に時間帯によって変化する。さらに、5万尾のイワシが繰り広げる壮大なドラマとプロジェクションマッピングの映像が融合するパフォーマンスタイムも楽しめる。


楽園のアクアリウム2015 WINTER2


「スノーアクアフォレスト」は、ハイイロアザラシ、ラッコなどを鑑賞できる水槽前のスペースを、ゆっくりとした時の流れとともに楽しめる幻想的な空間。天井から緩やかなカーブ形状で装飾された特殊な新素材ファイバーが、奥行きのあるスクリーンとなっており、アザラシやラッコなどの海獣たちと「オーロラの世界」「樹氷の世界」「フローズンフラワーの世界」を楽しむことができる。


楽園のアクアリウム2015 WINTER3


また、イルカの水族館「ドルフィン ファンタジー」では、夜限定ナイトラウンジ「Club D」を今年も開催する。「ドルフィン ファンタジー ナイトラウンジ〜Club D〜」では、イルカが泳ぐ「アーチ状水槽」に射し込む自然の月夜の光とLED照明を駆使し、時節に合わせた様々な色の設定を施した空間演出とイルカに癒されながら、好みのドリンクを片手にお酒をたしなむことのできる大人の空間をとなっている。


楽園のアクアリウム2015 WINTER4


さらに、海の生きものたちのすべてがわかる水族館「アクアミュージアム」で開催中の「海の動物たちのショー」を、「アクアフォレスト」の開催に合わせた期間限定ナイトバージョンで実施する。ショーでは、「LOVE」をテーマに人とのつながりの楽しさや温かさを海の生きものたちが表現する。シロイルカのキスがショーを彩るほか、会場のゲストも携帯電話のライトを使って参加することができる。


楽園のアクアリウム2015 WINTER5

BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「八景島シーパラダイス」をもっと詳しく

「八景島シーパラダイス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ