生理中のデートに対する本音! 女性が不安に思っていることとは?

10月21日(水)7時30分 yummy!

彼氏とのデートの日に生理が重なってしまうと、少し憂鬱になってしまうことはありませんか?
生理中に起きる体や心の不調は自分でコントロールしきれないものです。生理が原因で彼氏とケンカになってしまったり、デート自体を楽しめなかったという経験をしたことのある女性は多いはず。
そこで今回は「生理中のデートに対する本音! 女性が不安に思っていることとは?」をご紹介したいと思います。

目次

1.小さいことにイライラしてしまう

「生理中は小さいことにイライラしてしまうので、彼氏とケンカにならないか不安になる。いつもなら笑える彼氏の冗談も笑えず真顔になってしまい、微妙な空気が流れてしまう」(24歳/英会話講師)
▽最初は「生理だから仕方ない」と思ってくれている彼氏だったとしても、我慢の限界を超えればケンカが起きてしまいます。

こんななときは会話を楽しむよりも、無言でただ彼氏に甘えるなどしてゆったりとしたデートをすることがおすすめです。 

2.いい雰囲気になったときに気まずい

「おうちデートでまったりしているときに『いい雰囲気』になると気まずいです。断るべきか、それとも勢いに任せてしまったほうがいいのか悩む。正直、生理中のデートは面倒!」(34歳/派遣)
▽生理中のデートでHをするかどうかは、女性が本気で悩む問題ですよね。断ったとしても何となく気まずくなってしまいますし、そのまま流れに任せてしまえば体にはあまりよくありません。これはとてもデリケートな問題なので、生理中はどうするかどうかを1度彼氏と話し合ってみてくださいね。

3.デートプランがこなすことが負担

「映画を観て、ショッピングをして、ディナーを食べて……。という彼氏が立ててくれたデートプランをこなすことが負担です。楽しみな気持ちよりも、無事に1日が終わらせられるだろうか……。ということをずっと考えてしまいます」(29歳/飲食店)
▽せっかくのデートを心から楽しめないのは悲しいですよね。彼氏もきっと、あなたに無理をしてほしくないはず。デートプランを少し変更してもらうか、デートの日を変更してもらうなどをすることをおすすめします。

4.眠くなって彼氏の話しが入ってこない

「生理中に襲ってくる激しい眠気のせいでぼーっとしてしまい、彼氏の話しがあまり耳に入ってこないので『つまらないと思われていたらどうしよう……』と、不安になってしまいます」(26歳/企画)
▽大好きな彼氏とのデートであっても、生理中の眠気には勝てないですよね。男性は生理痛に対してはある程度の理解があるものの、眠気については知らない場合もあるため、予め説明しておくことが大切です。

まとめ

いかがでしたか? 生理中のデートは色々と不安があり、心から楽しめないこともあるかもしれません。大切なのは、彼氏に予め「デートの日は生理になるかもしれない」ということと、生理中に起きる不調などについて伝えておくことです。
とはいえ、生理を実際に経験したことのない男性にすべてを理解しろというのは少し難しいため、あまりに不安な場合は潔くデートをキャンセルするのもアリ。お互いのために無理はしないようにしましょう。
(遠矢晶子/ライター)

yummy!

「生理」をもっと詳しく

「生理」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ