恋を進めるにはコレを演出!男子がデートで「イケる」を感じる瞬間

10月22日(日)7時0分 ハウコレ



男子は、女子とのデートで何かしらの手応えをつかむからこそ、口説きにかかるわけです。
逆に、そういった勝てる気配がなかった場合は、勝負には出ません。


では、どういった瞬間に、「これイケる」を感じ取るのでしょうか。
10〜20代男子に聞いてみました。


彼らがデートのとき、どこに注目してるのかがよくわかりますよ。


■1.触れてくれたとき

「自分の場合は、その子とボディタッチが成立したときかな。女子って、生理的に無理な人だと、絶対に少しも触れないようにするって聞くし、向こうから抵抗なく自然に触ってくれるってことは、無理じゃないだけじゃなく、アリなのかなと」(美容師/25才)


女子側から、それなりにボディタッチがあって、自分が触っても避ける感じはなかったとき、「イケる」となるわけですね。まあわからなくもない。


ただし、ボディタッチへの抵抗感みたいなものって、人によってバラツキあるので、一概には言えません。だからこそ、このせいで少なからぬ勘違いが起こってしまうわけですが。


■2.「好きなタイプ」を振られたとき

「俺は、その子とのデートでの会話の中に、まずちゃんと恋バナがあって、しかも、そこで俺の好みのタイプを聞かれたかどうかを重視してる。これだけじゃ、確実に気があるまではいかないかもだけど、逆に、気があるのにこれを聞かないということはないと思うから」(アパレル/24才)


なるほど。理由はわかりましたが、こんなのよほど気持ち悪い男子相手じゃなきゃ、世間話の一つとして聞くと思うんですけどね。


でも私も、お互いがこれを聞いて、その中で、男女がそれぞれ、なんとなーく相手に当てはまりそうな感じのタイプを答えたときは、ふたりはくっつく間近だと思いますよ!


■3.押せたとき

「自分の『押し』が通用するかどうかはかなり最初のデートから試して、脈の有無を確認していく」(大学生/20才)


これは例えば、帰ろうとしてる女子をもう一軒だけ付き合わせられるか、とか、「いーじゃんいーじゃん」でレストランで隣り合って座れるか、とか、女子が最初は「えー」ってなるところを押し込むということなのだそう。


たしかに、これがうまくいくなら、そのうち告白のときにもなんとか押し込めるはずって思うのは、わかるかもしれません。


■4.デート後の感触がいいとき

「僕としては、デートの最中の言動とかは、正直その女子のコミュ力によるところが大きいと思うから、あまり参考にせず、むしろデート後の反応で判断する。ここでテンション高ければ、大成功かな」(専門学生/18才)


たしかに、いくら最悪なデートでも、最中は楽しそうに振る舞い切っちゃう女子もいますもんね。ある意味、大人としてのマナーとも言えますから。


でも、デート後にもそうしていられる人はなかなかいません。デートの手応えを本当にリアルに確かめられるのは、デート後なのかも。


■おわりに



何か具体的にためになるというものではありませんが、男子がデートで気にしがちなポイントについてわかっていただけたと思います。では、またねー!(遣水あかり/ライター)


(ハウコレ編集部)
(yuzuyuzu@yu1zu/モデル)
(かしゅかしゅ@cashe_cashe2525/撮影)

ハウコレ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

デートをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ