アメリカでは女性が馬に乗って本を届ける時代があった。女性図書館員「ブックウーマン」(1940年前後)【トリビア】

10月22日(日)0時30分 カラパイア

0_e0

 第二次世界大戦前の1940年前後、アメリカでは女性図書館員たちが馬に書籍を積み、その本を読みたい人の元へ運んでいたという。

 彼女たちは"ブック・ウーマン"として知られていた。

 馬に鞍をつけ、たいていは夜明けに出発して、雪の積もった丘の中腹やぬかるんだ小川を延々と行く。その目的はただひとつ。ケンタッキー州の人里離れた山岳集落に本を届けるためである。


【雇用対策で誕生した馬で本を運ぶ移動図書館】

 馬で本を運ぶ移動図書館(パック・ホース図書館)の活動は、フランクリン・ルーズベルト大統領が設立したWPAつまり雇用促進局(のちに雇用対策局に改称)の一部だった。

 1933年までにアパラチア地方の失業率は40%にもはね上がっていて、WPAは大恐慌からアメリカを立ち直らせるために設立されたのだ。

 パック・ホース図書館の活動は雇用率と識字率を同時に押し上げるチャンスでもあった。

 WPAは本を運ぶ人たちに給料を払っていた。ほとんどは女性だったのがWPAのプログラムの中(といってもほかの活動はほとんどない)でも特異だった。

1_e2
辺鄙な場所にある山小屋に本を入れた袋やかごを運ぶ図書館員。年代不明。
image credit: KENTUCKY LIBRARIES SPECIAL COLLECTIONS RESEARCH CENTER.

【本はすべて寄付されたもの】

 各郡はそれぞれ自分たちの図書館を持っていたはずで、そこから馬に乗った図書館員が派遣された。地元の学校がコストをまかない、本や雑誌、新聞など読むものはすべて寄付によるものだった。

 1940年12月、マウンテン・イーグル紙は、レッチャー郡図書館が古くてボロボロでもいいので、本や雑誌の寄付を必要としているという記事を載せている。

 古い雑誌や新聞は切り抜いて、例えばレシピや手工芸といったテーマごとにスクラップブックにまとめられた。

11_e
スクラップブックを作っているところ。1940年頃
image credit:KENTUCKY LIBRARIES AND ARCHIVES

 そんなスクラップブックのひとつが、今日でもまだ残っており、ニューヨークにあるフランクリン・D・ルーズベルト大統領ライブラリー博物館に展示されている。

 ボロボロの本は図書館で修復された。歴史家のドナルド・C・ボイドは、昔のクリスマスカードを再利用してしおりとして使ったり、ページの隅が折れるダメージを防ぐために補修するのに使われた。

2_e0
グレイジー川に沿って遠くの集落や向かう図書館員たち。年代不明。
image credit:KENTUCKY LIBRARIES SPECIAL COLLECTIONS RESEARCH CENTER.

 ブックウーマンは、馬やラバに乗って、天候に関係なく指定されたルートをたどった。1週間で160キロから193キロも進んだという。

 目的地が遠すぎて馬で行けない場合は、途中で馬を降りて徒歩で向かった。ほとんどは地元で採用された女性だ。ボイドによると、よそ者になかなか心を開かない山の人々にとってなじみの顔になっていたという。

0_e0
馬に乗る"ブック・ウーマン"たち。ケンタッキー州ハインドマン。1940年
image credit:KENTUCKY LIBRARIES SPECIAL COLLECTIONS RESEARCH CENTER.

 1938年末までには、29の郡で274人の図書館員が馬で出かけた。このプロジェクト全体で、1000人近くが雇用されたという。

 しかし、1943年には財源が底がつき、この年、戦中で失業率が落ち込んだこともあってWPAは解散した。その後10年たってから、この地域での移動図書館という形で再開した。これは全国に徐々に人気が広がっていった。

3_e0
丸太の橋を渡って、山岳集落のための本の分配センターとして使われている家に向かう図書館員。年代不明。
image credit:KENTUCKY LIBRARIES SPECIAL COLLECTIONS RESEARCH CENTER.

【時に読み聞かせも。本だけでなく真心を運んだブックウーマン】

 ブックウーマンは、ただ読む物を届けるだけでなく、こうした集落のためのひとつの判断基準としての役割も担っていた。

 本のリクエストを満たし、文字が読めない者に読んできかせてあげることもあり、その地域の自尊心を育んだ。

 利用者のひとりは言っている。「彼女たちが持ってきてくれる本は、わたしたちの命を救ってくれた」

 同じ年、マウンテン・イーグル紙がレッチャー郡図書館を称賛した。「図書館はわたしたちの郡や地域のもので、わたしたちのためにここにいる。図書館を訪れ、可能な限りあらゆる方法で支援するのが、わたしたちの義務だろう。そうすれば、自分たちの共同体が活性化していく要因として図書館を維持し続けていくことができるかもしれない」

4_e0
ブックウーマンに駆け寄る子どもたち、1940年
image credit:KENTUCKY LIBRARIES AND ARCHIVES


5_e
幹線道路からそれると、道はほとんどない。馬や人にとってかなりきつい近道もあるが、待っている読み手をがっかりさせないために、巡回スケジュールは守らなくてはならない。1940年頃
image credit:KENTUCKY LIBRARIES AND ARCHIVES


6_e
遠方の家に本を届ける。1940年
image credit:KENTUCKY LIBRARIES AND ARCHIVES


7_e
ふたりの幼い子供に本を読み聞かせる男性。1940年
image credit:KENTUCKY LIBRARIES AND ARCHIVES


8_e
ケンタッキー州スタントンの図書館。1941年
image credit:KENTUCKY LIBRARIES AND ARCHIVES


9_e
鞍袋に本を詰めているところ。年代不明
image credit:KENTUCKY LIBRARIES AND ARCHIVES


10_e
寄付された雑誌でいっぱいの車のトランク。1940年頃
image credit:KENTUCKY LIBRARIES AND ARCHIVES


12_e
玄関先まで本を届ける。1940年頃
image credit:KENTUCKY LIBRARIES AND ARCHIVES

via:The Women Who Rode Miles on Horseback to Deliver Library Books - Atlas Obscura/ translated by konohazuku / edited by parumo

カラパイア

「図書館」をもっと詳しく

「図書館」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ