合コンや飲み会で思わずイラッときた「俺様トーク」9パターン

10月22日(火)7時0分 スゴレン

合コンや飲み会で思わずイラッときた「俺様トーク」9パターン

写真を拡大

初対面の女性を前にすると、ついつい虚勢を張りたくなるのが男の悲しいサガというもの。しかし、無駄に「ダサイやつ」という烙印を押されたくなければ、話題選びには注意したほうがいいかもしれません。そこで今回は、20代から30代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「合コンや飲み会で思わずイラッときた『俺様トーク』」をご紹介します。

【1】「俺、ブラックカードだから」などのお金持ってるトーク

「だから何?ってかんじ。お金持ちの男全員と仲良くなりたいわけじゃない」(20代女性)というように、リッチな自分アピールで場をしらけさせるパターンです。とくに初対面でのお金持ってるトークは、いささか唐突感が否めないので注意したほうがよさそうです。


【2】「同期の中で課長になれたのは俺だけ」などのデキる男トーク

「肩書きで女が釣れると思っているところが痛い」(20代女性)など、ちょっと出世したくらいでいい気になっていることを見抜かれるパターンです。肩書きをひけらかすよりは、仕事の魅力をピュアに語ってみせるほうが、「熱い男」を思わせて好印象でしょう。


【3】「うち、業界シェアトップだから」などの会社自慢トーク

「べつにあんたが偉いわけじゃないでしょうとツッコミたくなった」(30代女性)というように、微妙な自慢話を興味ないからと一蹴されるパターンです。むしろ、業界トリビアなどを面白おかしく説明するほうが、相手も身を乗り出してくれそうです。


【4】「滑り止めの早稲田は蹴った」などの受験成功トーク

「いつまでも学歴にこだわるのはダサイし、早稲田卒の人に失礼」(20代女性)というように、過去の栄光にしがみついていることを露呈するパターンです。不用意にイラッとさせないためにも学歴や偏差値など露骨に学力を示す話題は極力控えたほうがよいでしょう。


【5】「政治の話は君にはちょっと難しいかな」などの女性見下しトーク

「実際詳しくはないけど、あまりにも上から目線の物言いで人格を疑った」(20代女性)など、女性への思いやりを欠く発言で一気に信用を落とすパターンです。相手を落として自分の価値を知らしめても、好かれるはずがないと肝に銘じたいところです。


【6】「昔、10対1の喧嘩で勝ったことがある」などのワル時代トーク

「こういう話はたいてい盛っているので、見栄っ張りなんだなあという感想しかない」(20代女性)など、喧嘩が強い自慢で女子をドン引きさせるパターンです。自分では誇らしい「やんちゃエピソード」も、第三者には「ただの迷惑行為」にしか思われない可能性が高いと覚えておきましょう。


【7】「糖質制限中だから炭水化物は食べない」などの肉体改造トーク

「体を鍛えるのは勝手だけど、飲み会でそういう発言はどうかと思う」(20代女性)というように、空気を読まないトークで場を盛り下げるパターンです。そこはあえて伏せたまま、こっそり食べる料理の選択をするべきかもしれません。


【8】「あそこの経営陣は昔から友達」などの交友関係トーク

「果たして向こうは友達と思っているのかなと聞きそうになった」(20代女性)というように、他人のふんどしで相撲を取ろうとしているのがみっともないと思われるパターンです。肩書きは取っ払い、本当に意義のある友人との交流について話してみましょう。


【9】「俺の周りには自然に人が集まってくる」などの過剰な自信トーク

「こういうことを自分で言っちゃう人は勘違いしているケースが多い」(30代女性)というように、妙に自信満々なせいで逆に警戒されてしまうパターンです。大勢の仲間と行った楽しい旅行の話くらいにとどめておけば、「友達の多そうな人だな」と思ってもらえるかもしれません。


飲み会や合コンでは、誰もが楽しく盛り上がりたいもの。場の空気を乱し、子どもっぽく思われてしまう「俺様トーク」は極力封印したほうがよさそうです。(石原たきび)

スゴレン

「合コン」をもっと詳しく

「合コン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ