驚異のデカ盛り海鮮丼! 埼玉・桶川『そうま水産』で1kg超えの「悪魔の漁師丼 最凶盛」を食べてきた

10月22日(火)10時50分 食楽web

驚異のデカ盛り海鮮丼! 埼玉・桶川『そうま水産』で1kg超えの「悪魔の漁師丼 最凶盛」を食べてきた
食楽web

 大盛り自慢の店があちこちに点在している埼玉県。トラックやタクシーの運転手さんが愛する大盛りの店、体育会系学生が足繁く通う店など、いろんな飲食店が、ボリュームたっぷりの料理を良心的な価格で出しています。

 その中でも、「最凶盛」なる丼があると聞き、向かったのは埼玉県比企郡川島町にある、『埼玉漁港の海鮮食堂 そうま水産』。JR桶川駅から車で20分ほどの場所にある、魚が自慢のお店です。

「当店のこだわりは鮮度・価格・ボリューム。今日も静岡県沼津のセリに行って、鮮度抜群の魚介類を魚河岸価格で出しているんですよ」。と語るのは専務取締役の金井菊代さん。海なし県埼玉で沼津の新鮮な魚介類を魚河岸価格! 開店と同時に駐車場で待っていたお客さんがどんどん入っていく姿をみると、人気が高いことがわかります。

埼玉漁港の海鮮食堂 そうま水産

 ということで、早速、店で一番のボリューム飯「悪魔の漁師丼 最凶盛」を注文。ところで、このメニューが生まれたきっかけは?「セリなどで毎日色々な魚が入ってくるので、その時、その時によって、いろんな魚を食べてもらいたいと思って生まれたメニューですよ」とのこと。

 そして、悪魔、最凶っていったい!?「当店オリジナルの、秘密のダシ醤油が、箸が止まらなくなる旨さなのと、カロリー注意の揚げ玉、つまり天かすが入っているところが、やみつきになっちゃう、悪魔の美味しさ、というところでしょうか」。ほほ〜。すんごい魔力で惹きつけられちゃうってことでしょうか。出てくるのがさらに楽しみになってきます。

「悪魔の漁師丼 最凶盛」1848円。高さは約18cm。あら汁とお新香はセルフサービスでおかわりオーケー
「悪魔の漁師丼 最凶盛」1848円。高さは約18cm。あら汁とお新香はセルフサービスでおかわりオーケー

 話を聞いているうちに、出てきた「悪魔の漁師丼 最凶盛」。器からこぼれ落ちそうなボリュームで登場。トップにネギトロといくら、サイドにわさびとガリが花のように添えられています。ちょっと動かすだけでいくらがこぼれ落ちそう。そして、とっても華やか!

 早速測定。器の直径は16cm、高さは18cm。重さは1118g(器の重さを除く)。あら汁1杯約200gとして、トータル約1.3kgというところでしょうか。あら汁はおかわり自由なので、2杯目、3杯目を飲めば、その分総重量も増えるということですね。公式にはご飯600g、ネタ200gとのことですが、余裕で突破。大盤振る舞いです。

マグロの赤、ネギトロのピンク、サーモンやいくらのオレンジに万能ネギの緑、ゴマなど彩り華やか
マグロの赤、ネギトロのピンク、サーモンやいくらのオレンジに万能ネギの緑、ゴマなど彩り華やか

 早速一口。トップのネギトロといくらを食べて、本体部分へ。ちなみにこの日は、魚はブリ、サーモン、タイ、マグロの刺身、トップにネギトロといくら。そしてご飯ゾーンに行くと、天かす、長ネギ、刻みノリが混ぜてあり、旨みガッツリ! それら全てを企業秘密の特製ダシ醤油がまとめあげています。なので醤油をかける必要なし。すでに味が完成されています。

 刺身のしっとり、揚げ玉のカリカリ、ネギのシャキシャキ、いくらやゴマの2つの異なるプチプチ感など、様々な食感が楽しい! 確かにやみつきになるおいしさ。“悪魔の”感がスゴイ。もしかしたら、刺身が苦手な子供が、いきなり刺身好きになっちゃうかも。と思えるほど、旨みがしっかり、バランスよくきいています。

最後にネギトロの上にいくらを盛り付けて完成。この段階で器ギリギリ、いくらがこぼれそう〜!
最後にネギトロの上にいくらを盛り付けて完成。この段階で器ギリギリ、いくらがこぼれそう〜!

 段々食べ進めていくうちに、揚げ玉の油のせい? 中盤で突然ずしっとお腹にたまります。重さ1118gですが、見た目と重さ以上にヘビー。あら汁や漬物、お茶などで口の中をリセットしますが、旨み濃厚なご飯が、満腹になったサインを、想像していたよりも早く脳内に届ける感じでしょうか。普段なら1kgぐらい楽勝なはずが、いきなりやってきた満腹感でなかなか食べ終わらない。こんなところも悪魔感を感じさせます。

 結果、30分以上かけて完食。スゴイ満足感です。最後の一口までおいしかった〜。でも途中からやってきた突然の満腹感はなかなかの凶悪!? だから最凶盛なのでしょうか。名前のストロング感に、思わず納得です。

 なんとか食べきった〜、とホッとしていると、「さらにパワーアップした“極悪盛”を考案中です。期待してくださいね☆」と金井さん。

 秋冬に向けては「カキフライ」がオススメのほか、「マグロのカブト煮」などもお得とのこと。また、ランチタイムは日替わりの定食などがあり、ご飯とお味噌汁のおかわりOK。そのため、12時前後には満席&行列ができる日も多いようです。お昼目的なら、12時前または13時過ぎにいくのがオススメですよ。

(撮影◎小嶋裕 取材・文◎石澤理香子)

●SHOP INFO

埼玉漁港の海鮮食堂 そうま水産 外観

店名:埼玉漁港の海鮮食堂 そうま水産

住:埼玉県比企郡川島町表433-1
TEL:049-297-0276
営:11:00〜21:30(L.O.21:00)※ランチ〜L.O.17:00
休:大晦日と元旦

食楽web

「漁師」をもっと詳しく

「漁師」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ