思い出の言いなりならない! 過去の恋愛を上手に「清算する方法」

10月22日(金)21時30分 yummy!

過去の恋愛をいつまでも忘れられない状態でいると、そこから先へと進むことも難しくなるでしょう。
思い出にとらわれて未練を残すような状態にならないためにも、しっかりと断ち切る方法を知っておくといいかもしれません。
そこで今回は、過去の恋愛を上手に「清算する方法」について紹介します。

目次

無理に「忘れようとしない」

「忘れようとしてばかりいると、毎日つらい思いになっちゃいます。それは私には耐えられないので、自分で追い込むようなことはしないようにしています」(20代・女性・エステティシャン)
忘れよう忘れようとしすぎると、それだけその恋のことを考える時間が増えていきます。
それでは、結局は未練ばかりが大きくなるので、逆効果になってしまうだけ。
忘れるのにはどうしても時間が必要なので、焦らずに自然に気持ちが薄れていくのを待つようにするのがベストですよ。

「相手のSNS」を見ない

「別れたあとも、元カレのSNSってついつい見ちゃうんですよね。そんなことをしているから、いつまでも未練タラタラになっちゃうとわかっているのに…」(30代・女性・出版)
元カレのSNSというのは、どうしたって気になるものでしょう。
でも、ちょこちょことチェックをしていたら、いつまでも思いを断ち切ることはできないはず。
見たところで、あなたにとってプラスになることは何ひとつないので、ちゃんと吹っ切れるまでは意識的に見ないようにしましょう。

「没頭する時間」を作る

「失恋をしたときは、とにかく仕事をしまくるのが一番だと思います。忙しい日々を送っていたら、自然と別れた彼への思いも薄れていくので」(30代・女性・WEB制作)
なかなか忘れることができず、元カレのことを思い出してしまうことが多いのであれば、暇をなくすというのもひとつの手。
仕事でも趣味でも勉強でもなんでもいいので、何かに没頭する時間を作ると、過去の思い出に浸る時間がなくなります。
あまり会えていなかった友達と遊んだり、習い事に通ったりなど、恋人がいるときにはできなかったことを始めてみるのもいいですよ。

「思い出すもの」は捨てる

「彼にもらったものとかを見ると、どうしても色々と思い出してしまうから、別れたら捨てるようにしています。もったいないなって思いものもあるんですが…」(20代・女性・歯科衛生士)
元カレのことを思い出してしまうものは、思いきって捨ててしまいましょう。
貰ったプレゼントやふたりの写真、一緒に観た動画履歴など、あると思い出がよぎるのなら処分をするのが、最も手っ取り早い方法。
電話番号やLINE、SNSなども消すようにすると、連絡をしてみようかといつまでも悩むようなこともなくなりますよ。

さいごに

どうしても忘れられない恋があるのなら、今回紹介した方法を試してみてください。ただ、やはりある程度の時間は必要なので、焦らないようにすることはとても大事なポイントですよ。
(山田周平/ライター)

yummy!

「恋愛」をもっと詳しく

「恋愛」のニュース

「恋愛」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ