夫婦喧嘩で家を出たことがある? 妻が実家に帰り親から援護を…

10月23日(水)8時41分 しらべぇ

夫婦(itakayuki/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

どんなに仲がいい夫婦でも、喧嘩してしまうことはある。さらに激しい喧嘩になると、片方が家を出るケースもあるようだ。


■2割が夫婦喧嘩で家を出た経験あり

しらべぇ編集部では全国10〜60代の既婚者の男女752名を対象に、「夫婦喧嘩について」の調査を実施。

夫婦喧嘩で家を出たことがあるグラフ

「夫婦喧嘩で家を出たことがある」と答えた人は、全体で21.9%だった。


関連記事:夫婦喧嘩を穏便に収めるコツとは?

■女性は実家に帰り…

男女別には、男性よりも女性の割合が高くなっている。

夫婦喧嘩で家を出たことがある性年代別グラフ

女性では、実家に帰る人が多いようだ。

「あまりに夫婦喧嘩がこじれたときに、我慢ができなくなり実家に帰ったことがある。『実家に帰らせていただきます』を、本当にやる日がくるなんて思わなかった」(30代・女性)

■家を出ても問題解決にならない

家を出ても、問題の解決にはならないとの意見も。

「ただ家を出るだけなら、話し合いを放棄したのと同じだと思う。そうするとさらに面倒なことになるだけで、なんの解決にもならない。だから僕はどんなに家の中が気まずい空気になっても、家から出ることだけはしないな」(30代・男性)


お互いに冷静になるため、家を出るという人もいる。

「お互いがヒートアップしているときには、一度、頭を冷やすことが必要になる。顔を合わせているとつい言い合いになるなら、家を出て冷静になる時間を作るのもいいと思う」(20代・男性)


■実家に帰り有利にする妻

妻が実家に帰ることにより、自分の立場が一気に悪くなるという男性も。

「うちの妻はちょっとした喧嘩でも、家を出て実家に泣きつきにいく。そうすると向こうの親は娘を味方するにきまっているし、僕にとって最悪の状況になる。それがわかっているから、妻も実家に帰るのだと思う。はっきり言って、ずるい」(20代・男性)


家を出ても問題解決にはならないが、お互いの頭を冷やす時間にはなる。そこから冷静になり、前向きな話し合いができることはあるだろう。


・合わせて読みたい→4人に1人が料理の味付けでパートナーと喧嘩? 男性は味にうるさい傾向も


(文/しらべぇ編集部・ニャック



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年8月9日〜2019年8月14日

対象:全国10代〜60代既婚者の男女752名(有効回答数)

しらべぇ

「喧嘩」をもっと詳しく

「喧嘩」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ