モテるのは何型?「血液型」で見る結婚の相性!

10月24日(木)20時45分 All About

血液型によって性格を判断したり、相性を調べたり……それだけ人は相手の血液型を気にしているものです。

写真を拡大

「結婚する」となると、意外と気にされるのが血液型診断!?

血液型は、性格占いや相性占いに活用され、ただの世間話という域を越えるくらい生活に根付いています。特に日本は世界で見てもバランスよく4種類の血液型がそろっているためか、血液型に対する関心が高いようです。

生まれつきの血液型で人間を4つのタイプに分類して占いや診断をすることになりますから、それが正しいとは一概には言えない部分が大いにあります。

ただ、別に妄信はしていなくても、「あぁ、確かにあの人はB型っぽいわね」「会うと何となく緊張するから、あのオーラはABだと思うわ!」という具合に、その人の雰囲気や自分との相性も、血液型がベースになることも多々あります。

こういった見方は、結婚においても同じです。むしろ、人生を共に生きる伴侶だからこそ、いろいろな占いや診断で自分と相性がいいと出るのか悪いと出るのかについて気になってしまうのです。

特に結婚相談所には「自分とマッチする結婚相手と出会いたい」と思っている人が来るので、相手との相性をとても気にします。それを見極める方法のひとつとして血液型があると考えられるようです。

ここでは、結婚相談所での人気の血液型について見ていこうと思います。当然ながら、すべての人が当てはまるわけではありませんので、その点はご理解ください。

結婚相談所で多いのはB型

実は、結婚相談所に来る方で、最も多いのはB型です。そして、残念なことに一番避けられてしまうのもB型です。

なぜなら、「B型はマイペースで自由奔放」というイメージが根強いので、結婚相手としてはどうかな……と思われやすいからです。結婚生活は共同作業をする場でもあるので、B型の性格を考えるとちょっと違うかなと考えてしまう人が少なくありません。

特に、真面目で几帳面なA型の人はB型と相性が悪いとされるので、最初から避けたいという人までいます。または、なんだか違和感があると思ったら、「血液型が合わないのね」なんていう発言が実際に出たりするのです。

なかなか理解してもらえず苦戦するAB型

B型に続いて避けられがちなのがAB型です。A型の性格が出るときと、B型のときで人が違うようになるので、どう接していいのかわからないという意見が多いです。

頭の回転が速くて平和的な面もある一方で、ミステリアスな部分も垣間見えるので、実際に結婚をするとなるとちょっと面倒かもと思われています。

日本人に最も多いA型

日本人で最も多い血液型であるA型は、結婚相談所では2番目に人気です。真面目な人が多いイメージが強いですし、結婚生活に必要な基本的な気質を持っているために、「A型だから嫌!」という意見はほとんどありません。

ただ、ごく稀にB型の人がA型だけは紹介しないでほしいと言うこともありますが、もともとAとBの縁組みは難しいと感じます。もちろん、人によりますが、相反する性格を持っていることが理由だと思います。

一番人気はO型

結婚相談所で一番人気があるのはO型です。「おおらか」というイメージがあり、細かいことを気にせず、束縛などもしなさそうという点で結婚生活に向いていると思われているようです。

実際、結婚生活を続けるうえでは、お互いを許し合わなくてはいけない場面も多いので、O型から(イメージする)性格との暮らしは、居心地が良いのかもしれません。

それぞれの血液型、こうすればモテるようになる!?

血液型はプラシーボ効果に近く、誰もが当てはまるような平凡な言動であっても、「この人はB型だ」と思うと、マイペースに見えてきたりするものです。

ただ、血液型によってイメージする性格に見られて損をするのは避けたいものです。また、「替えようがない」血液型だけに、どう思われがちなのか知っておき事前に対処できればいいかもしれませんね。

これまで見てきたB型、AB 型、A型の人は、どうやればモテる、または避けられにくくになるのでしょうか。注意したい点をまとめてみます。

B型

「やっぱりマイペースで、自分勝手だ」と思われると避けられてしまうので、相手の気持ちになって、寄り添うことが大切です。第一印象で「意外と几帳面なのね、意外と気遣いができるのね」と思われる行動をするのもひとつの手。場の空気を読んで、相手のことを気遣う言動を進んでしてみましょう。

AB型

ミステリアスだと思われる可能性が高いので、日替わり定食のように性格が変わる自分を自分で認め、相手に今の心情や心の変化を伝えるようにましょう。一番いけないのは、心の変化があることを相手がわかっていないことです。自分には気持ちのブレがあるから、それを理解してほしいということを相手にちゃんと話すことで、お互いに分かり合えるようになります。

A型

生真面目なイメージがあるため、何事も真面目に追及する面倒なタイプだと思われると避けられる可能性があります。先んじて、その手を少し緩めましょう。厳しい道徳観、倫理観は相手を追い詰めてしまうこともあるので、「なんとかなる」とか「いいじゃん、そのくらい」という心の余裕を持つことが大切です。

以上は、当然すべての人に当てはまるわけではありません。ここで紹介したのはあくまで私の結婚相談所での経験を基にしていますので、「これが絶対だ!」と思わずに最愛の人を見つけてほしいと思います。
(文:佐竹 悦子(再婚ガイド))

All About

「血液型」をもっと詳しく

「血液型」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ