映画『ドラゴンボール超 ブロリー』主題歌に三浦大知 「何かを超えることは現代社会にも通じるテーマ」

10月25日(木)6時0分 ガジェット通信

映画『ドラゴンボール超 ブロリー』主題歌に三浦大知 「何かを超えることは現代社会にも通じるテーマ」

写真を拡大

2018年12月14日に公開される映画『ドラゴンボール超 ブロリー』。「力の大会」後の平和な地球で、まだ見ぬ宇宙の強者がいると知り更なる高みを目指して修行に明け暮れていた悟空とベジータのもとに、見たことがないサイヤ人ブロリーがやってくるという物語が展開され、フリーザも登場するというファンならば見逃せない作品となりそう。

そんな『ドラゴンボール』新作映画の主題歌に、クリエイター・ダンサーとして活躍中で、『仮面ライダーエグゼイド』の「EXCITE」でオリコン週間チャート1位にもなった三浦大知さんの「Blizzard」になることが発表されました。この曲では作詞も三浦さんが担当し、作曲・編曲は「Inside Your Head」「Your Love feat.KREVA」などでもタッグを組んでいるNao’ymt氏が手がけます。

林田師博プロデューサーによると、海外市場を念頭に置いた作品創りをするにあたり、アッシャーやロック・ステディ・クルーといった海外クリエイター・ダンサーからもリスペクトされている三浦さんのことを「いの一番に思いついた」といい、企画会議でも「事前に原作や脚本をしっかりと読み込まれており、頂いた質問がポイントを突いたものばかりで、ものづくりに対する真摯な姿勢に感服しました」と絶賛しています。

「僕たちの世代では物心ついた時には既に当たり前のように世界中で愛されている作品」と『ドラゴンボール』について語る三浦さん。「Blizzard」について、キャラクターがそれぞれの壁を乗り越えるストーリーにインスパイアされたとのこと。「闘いの舞台になっている“氷の世界”をテーマにしています」といい、「現代社会でも、普段僕たちは様々な情報の中で“氷塊”の中で固まっているように生きている。何かを超えるときに、氷を割って本当の自分になるにはどうしたらいいか。それは今回の映画のキャラクターにも、現代社会にも通じる普遍的なテーマだと感じたので、そういう部分を意識しながら歌詞を書きました」と熱く語っています。

「Blizzard」は2018年12月14日にSONIC GROOVEよりリリース。三浦さんは2018年11月14日に日本武道館で開催されるワールドプレミアにも参加が決定しており、「子どもの頃に出会った作品の中で、自分の音楽が鳴るというのは本当に幸せなこと」という『ドラゴンボール』への熱をどのようにコメントしてくれるのか注目されます。

『ドラゴンボール超 ブロリー』第二弾予告 – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=2Vbgtk4ZuWs

映画『ドラゴンボール超ブロリー』公式サイト
http://www.dbmovie-20th.com/ [リンク]

(c)バードスタジオ/集英社
(c)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会

—— 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

ガジェット通信

「ドラゴンボール」をもっと詳しく

「ドラゴンボール」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ