隠しコマンドでテトリスがプレイできるトラックがある。ロシアの自動車メーカーによる驚くべき仕掛けの理由は?

10月25日(水)16時30分 カラパイア

top2

 ロシアの自動車あるメーカーの特定の車に驚くべき仕掛けが潜んでいたというニュースが話題になっている。

 それはなんとあのテトリスである。子どもから大人まで簡単な操作で楽しめる落ちゲー代表であり、種々の禁断症状にも効果があるというテトリスが、なんと計器盤内の液晶画面で遊べるようになっているというのだ。

 だがそれはその車に乗りさえすればプレイできるという単純なものではなく、いわゆる隠しコマンドが必要だった。その手順を明かした動画が最近ネットで話題となり、ロシアでは該当車種を試す人々が続出してるらしい。
問題の隠しコマンドは0:27あたりから実行されている

Only Russian can do that! Crazy Russian programmers installed Tetris in a truck Gazelle Next!)))

【テトリスで遊べる車はGAZのトラックの一部】

 テトリスが仕込まれているのはロシアの自動車メーカーGAZで作られているGAZelle Nextというトラックシリーズの2017年モデルだ。

 海外メディアによると、このテトリスは組み立てラインを通るそれぞれの車両に搭載されるが、買い手にわたるまで残っているのはその一部だという。

 そしてもしこのトラックの2017年モデルを持っているドライバーは、以下の手順でテトリス搭載の有無を確認できるそうだ。

【テトリスの表示方法】

1. エンジンをかけて右ウインカー3回点灯
2. ヘッドライトのハイビーム2回点灯

21_
image credit:youtube

3. クラッチを5回踏む
4. エンジンの回転数を3000rpmまで上げる
5. そのままダッシュボード内の液晶画面の左にあるつまみを押し続ける
するとテトリスの画面が現れるのだ!

23
image credit:youtube

 もしテトリスが表示された幸運な人はさっそくプレイだ。操作は右のつまみでブロックを回転させ、左のつまみで落とせばいい。

 なお、GAZの広報によると、安全上の理由からテトリスのスタートとプレイは停車しているときしかできないそうだ。

少々動かしにくそうだが、この不便さがまたうれしいのかも
14
image credit:youtube

 ただし、この手順はロシア語がもとになっており、この車も手元にないため、この手順で必ず動くかどうかは確認できないことをおことわりしておく。

【搭載目的は液晶画面のチェックだった】

 このシンプルなモノクロのテトリスにはそれ以上の仕掛けはない。だがこれが設置された理由はドライバーへの楽しいサプライズなどではなく、液晶の画質を確かめるためだという。

 四角いブロックを落とすいうこのゲームの性質が、画面の不具合を確かめるのにぴったりだったというわけだ。

どちらかというとスタッフが退屈な点検を楽しむための仕掛けとか?
top2
image credit:dailymail

13_e
image credit:dailymail

【イースター時期に隠しコマンドでゲームができる車も】

 なお、エンジニアが車の確認にこうした隠しコマンドを設定するのは世界初の事例ではない。

 例えば、テスラモーターズのテスラSでは充電ポートの内部に虹色のライトが隠されており、ダッシュボードのパネルで一連のゲームができるようになっている。

 そのゲームはイースターの時期に合わせたもので、過去にはマリオカートのレインボーロードを表示させることができたそうだ。

 限られた車でしか遊べないというレア感のせいもあるのか、一部のネットユーザーの間ではこの車でコマンドを試すのがはやりつつあるようだ。こういう遊び心があるコマンドって日本の車にもあるのかな?


via:mashable / dailymail / autotrader / youtubeなど / translated by D/ edited by parumo

カラパイア

「自動車メーカー」をもっと詳しく

「自動車メーカー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ