「KISS EXPO TOKYO 2016〜地獄の博覧会〜」でKISSと『鉄腕アトム』のコラボが実現! ジーン・シモンズが語るアトム愛とは?

10月25日(火)11時0分 おたぽる

「KISS EXPO TOKYO 2016〜地獄の博覧会〜」

写真を拡大

 ロック界のモンスターバンドKISSの40年の軌跡をコレクションで魅せる展示会が、東京・ラフォーレミュージアムで10月31日(月)まで開催されている。その名も「KISS EXPO TOKYO 2016〜地獄の博覧会〜」。KISSマニアが狂喜乱舞するKISSコレクション100点は彼らの栄光の証だ。 

■売上1億枚突破!輝かしい歴史をヴィジュアルで見る
 今回のコレクション展示は、そのままKISSの歴史をたどることになる。エントランスを抜けて、まず目にするのはゴールドディスクの数々。KISSはアメリカにおいて、最多ゴールドディスク獲得アーティスト。売上1億枚突破パネルなど数々のディスクが誇らしく光り輝いている。CDが売れないと言われる今の時代では、1億枚到達なんて、不可能に近い数字だろう。KISSの全盛期はレコード〜CD時代、アルバムの売り上げが人気に直結する実にわかりやすく良き時代だったのだ。


■キッスの歴史を物語るコレクションの数々
 ゴールドディスクコーナーのあと、会場は広々とした空間になり、そこには数々のKISSコレクションが展示されている。当時の音楽雑誌、UDO音楽事務所がメンバーにプレゼントしたスカジャン、コンサートのバックステージパスのコレクション、ジーン・シモンズのドラゴンブーツ、ポール・スタンレーがライブでぶっ壊して真っ二つになったギターの数々が年代ごとに並ぶ。もちろんメンバーそれぞれのギター、ベース、ドラム。そして、2002年のソルトレイクシティ・オリンピックの閉会式で「ロックン・ロール・オールナイトRock And Roll All Nite」を演奏していたときの衣裳などの展示もある。

 またあらゆる物へのライセンスビジネスにも積極的だったKISSゆえに、さまざまなグッズも楽しい。サンリオのキティともコラボがあれば、KISSの棺桶もある。地獄への乗り物は蓋をあけるとKISSの曲が流れる仕組みだとなっている。


■ジーンとポールの素顔がわかるVR自宅ツアー
 この「KISS EXPO TOKYO 2016〜地獄の博覧会〜」の目玉のひとつが、ジーン・シモンズとポール・スタンレーの自宅を360度VR体験ができるコーナーだ。ポールは自宅アトリエで自作の絵画の解説、ジーンは自宅オフィスのKISSコレクションを公開してくれる。かつてデザイナー志望だったポールはアーティスト指向が強く、ジーンはKISSのライセンス商品の管理などを手掛けている実業家の一面がある。そんな二人の素顔がこのVRの内容からも垣間見られるのがおもしろい。ジーンの家のコレクションはまるでKISSアイテムのショールームだ。


■KISSと「鉄腕アトム」の夢コラボ
 またKISSと『鉄腕アトム』とのコラボも興味深い。『鉄腕アトム』のコラボイラストはイラストレーターの金子ナンペイ氏が描いたものだが、とりわけジーンは「鉄腕アトム」への思い入れが強い。この博覧会のために来日したジーンは、ミニステージで行われた会見でこう語っている。
「自分が見てきたヒーロー『バットマン』『スーパーマン』はすべて大人のヒーローだが、『鉄腕アトム』は少年だ。そして彼には両親がいない。自分は父親と幼いときに別れたから、アトムには共感するんだ」

 60年代、アメリカで放映されていた『アストロボーイ』に自分を重ねあわせて夢中になったジーン。アトムとのコラボが実現したのは、手塚プロダクション取締役の手塚るみ子氏がKISSファンだったことが大きいようだ。つまりKISSと『鉄腕アトム』のコラボはお互いの夢だったのだ。

 そんなジーンのアトム愛に応えるかのように、ステージにゲストとして『鉄腕アトム』が登場し、記者会見を沸かせた。ほかYOSHIKIとKISSのコラボコーナーもあり、会見では北海道のバンドE・Z・Oをプロデュースしたエピソードも披露するなど、ジーンは親日家の一面も披露していた。


■「音楽業界をダメにしたのはインターネットだ」とジーン吠える!
 記者会見では現代の音楽業界へのコメントも飛び出した。ジーンの目には、現在の音楽業界や新人ミュージシャンの在り方は「寂しい」と映っているようだ。

「今の時代、新人が音楽をやるのは実に厳しくやりにくいと思う。なぜなら、私たちの周りにあったものがないからだ。自分の時代は、レコード会社が自分たちの音楽を信じてくれたし、我々のポスターを貼ってくれるレコード店が街中にあった。インターネットは敵だね。若者は自立できず、親と一緒に住む家の地下で、無料で配る音楽を作るしかないのだから。80年代後半にインターネットが出て来てから、後世に名の残るような偉大なアーティストが現れなくなっただろう。58年からの30年、ビートルズ、エルビス・プレスリー、マイケル・ジャクソン、U2、マドンナなど素晴らしいアーティストがいたけど、今、誰かいる?」

 ジーンがE・Z・Oをプロデュースしたと前述したが、若いバンドが大変だからこそ助けたいというジーンの気持ちもあるようだ。音楽が売りにくい今、「若いバンドはライブで頑張っていくしかない」というジーンは、一方で「THE YELLOW MONKEYが再結成したニュースはうれしかったね」と、ロック界の明るい話題としてイエモンにエールを送っていた。


■還暦過ぎても挑戦が止まらないKISS
 KISSのオリジナルメンバー、ジーン・シモンズ、ポール・スタンレーともに60歳をとうに過ぎたが、15年には日本公演、ももいろクローバーZとのコラボシングルなど、挑戦は止まない。若いバンドに地獄のエネルギーを注入する存在としてのKISS。「KISS EXPO TOKYO 2016〜地獄の博覧会〜」で、地獄からの覇者が見せてくれる「成功」への軌跡は、ファンだけでなく、きっと若いミュージシャンたちの刺激にもなるはずだ。

■「KISS EXPO TOKYO 2016〜地獄の博覧会〜」
会期 :16年10月13日(木)〜10月31日(月)
時間 :11時00分〜21時00分(最終入場20:00)
入場料:一般1,600円 / 学生1,000円 ※税込
会場 :ラフォーレミュージアム原宿
公式サイト: http://www.lapnet.jp/access/

おたぽる

「KISS」をもっと詳しく

「KISS」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ