洗って育てる。ファッション性の高いデニムマスクが2枚4400円から限定先行販売開始。

10月26日(月)9時15分 ソトコト

洗って育てる。ファッション性の高いデニムマスクが2枚4400円から限定先行販売開始。

ちょっと便利な雑貨を取り扱う「Goodsania」と桃太郎ジーンズで有名な「JAPAN BLUE社」がコラボして秋冬に楽しんでいただけるファッション性の高いデニムマスクをクラウドファンディングサイト「Makuake」で10月23日より限定先行販売しています。

0501

すでに生活に必需品となったマスク。オシャレが好きに人にとっては、マスクも重要な要素になってきていますが、どれも似たり寄ったりだったり、ファッションと一緒に楽しめるマスクなどがないというお悩みをよく聞きます。

そこで、今回思いきっり「かっこいいマスク」ということに焦点を当てて、ファッションと一緒に楽しんでいただけるファッションデニムマスクを開発したそうです。特にアメカジやサーフカジュアルなどが大好きな方が、楽しんでいただけるように、デニムを中心とした4素材のマスクをセレクトしています。

製造に関しては「桃太郎ジーンズ」で有名な「JAPAN BLUE社」に別注として製造依頼しています。特に、デニムに関しては、ジーンズのように使えば使うほど味が出てきてエイジングを楽しんで自分だけのマスクを楽しんでもらえる逸品となっています。高知と岡山という瀬戸内地域をホームとする2社が瀬戸内をイメージしたテイストも企画に盛り込んでいます。

0502

Makuake限定カラーも特別生産を行い発売します。

①12ozセルヴィッチデニムマスク

0503

JAPAN BLUE社のジーンズにも使われる本格デニムを使用し、デニム本来の変化を楽しんでもらえるマスクとなっています。

ステッチに関しても、

・白(香川のうどん)

・ブルー(ジャパンブルーカラー、瀬戸内海)

・ピンク(岡山名産もも)(マクアケ限定)

の3種類があります。

②ヒッコリー

0504

デニム地に白のストライプ柄が入っているのが特徴的なヒッコリー素材を使用しています。元々はワークウェアのデニムでしたが、汚れが目立たないようにと白のストライプ柄を入れたのが起源とされています。こちらも紺色部分はインディゴ染めなので、セルヴィッチデニムほどではないですが、色落ちのエイジングを楽しめます。

③刺し子(ドビー)

0505

藍色の生地に白い糸で模様を作るのが、日本に古くから伝わる刺し子素材を使用しています。今回の使用の生地は、刺し子風に仕上げたドビー織素材です。ドビーとはドビー織機と呼ばれる織機で織り糸が規則的な柄を表現することのできる織機で織られた素材の事をさします。生地に凹凸がある為、経年変化としては一番わかりやすいかもしれません。

④ウォバッシュ

0506

インディゴ染めした生地に更に、抜染(色を抜く)という方法を用い独特のドットストライプ柄の入った素材です。抜染材と呼ばれるノリ型を置き、その部分の色を取り除いて染める方法ですので、プリントなどのべたっとした質感ではなく、生地本来の質感を楽しめます。

生地規格としては、11号帆布。倉敷は帆布の産地としても有名な地域です。

購入

クラウドファンディングサイト「Makuake」

ソトコト

「マスク」をもっと詳しく

「マスク」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ