南沙羽、3枚目のDVDで「攻め」の姿勢 携帯小説家になってコスプレも?

10月27日(日)10時1分 しらべぇ

南沙羽

グラビアアイドルの南沙羽が23日、都内で新作DVD「恋の鼓動」の発売記念イベントを行った。3月にファーストDVDを発売した勢いを保ったまま発売された3作目。グラビア界で赤丸急上昇の南はイベントで何を語ったのだろうか。


■携帯小説家を

南沙羽

山梨と都内で撮影されたという今作。旅館などをロケ地に「携帯小説家」を演じる。同じ事務所の清瀬汐希も旅館のおかみとして出演し、作品を盛り上げている。撮影を振り返って南は、

「清瀬ちゃんと同じ男性を巡ってバチバチするみたいなシーンがあって、そこがちょっとおもしろいなって」


とコメント。しかし、美人同士に迫られるとは、作中の男性と何とか入れ替われないものだろうか。


関連記事:Fカップ美少女・南沙羽、夜のベット上で彼氏を誘惑 透けた衣装で「戻ってるんでしょ?」

■コスプレも充実

南沙羽

経験不足から小説が書けなくなっているとの設定であるため、かなり多くのコスプレにも挑戦したという。もはや小説と何の関係があるのかわからないバニーガールの衣装など様々なチャレンジをしたようだ。

「衣装だけ見ると、どういうストーリーなのか、みんなわかんないと思います」


そりゃそうだとしか言えないが、小説家らしく(?)ベレー帽を被るなどストーリーを意識した出で立ちもある。しかし、統一性がなさすぎる。これも作品の魅力の1つと言えるのだろう。


■前回より「攻め」を意識

南沙羽

ハイペースで経験を重ねていく南。前回の発売からあまり経っていないが、「前回よりも攻めようと思って」と話いてる。

「1枚目、2枚目は結構ピュアっていうか、グラビア始めたてで初々しいという感じだった」


「今回は3枚目なので、セクシー度合いも上げて、ちょっとお姉さんって感じにしたくて…」


どうすれば自分の思い描く作品になるのか——試行錯誤もした上で完成した「恋の鼓動」。まだフレッシュがある南の攻めの姿勢を味わってみてはいかかだろうか。


・合わせて読みたい→グラドル・夏目つなり 「こんなに過激なのは初めて…」メイド服でご奉仕?


(文/しらべぇ編集部・大山 雄也



しらべぇ

「携帯」をもっと詳しく

「携帯」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ