【速報】「男性も授乳できるようになるキット」構想が発表される! 父乳育児がイクメンの新基準に…乳首の刺激でピュー

10月27日(土)7時30分 tocana

※イメージ画像は、「Getty Images」より

写真を拡大

 数年後、授乳は母親だけでなく父親の仕事にもなるかもしれない。男性が母乳を出せるようになるというキットが話題となっており、英「Daily Mail」(今月23日付)ほかが報じている。

【その他の画像はコチラ→https://tocana.jp/2018/10/post_18545_entry.html】

■父親も母乳を

 男性に母乳を出させるキットのコンセプトデザインを発表したのは、イギリスのデザイナーであるマリー=クレア・スプリンガム氏だ。キットには男性の乳房を育て、母乳の分泌を促進するホルモン剤と授乳中の胸を支える専用のブラジャー、搾乳用のポンプなどが含まれ、父親による授乳をサポートする内容になっている。

 父親が授乳するには、まず乳腺を女性のように発達させる必要がある。パートナーの妊娠が発覚したら、すぐに1日1回プロゲスチンというホルモン剤の摂取を開始する。すると乳房が女性化し、最大でBカップぐらいの大きさになり、赤ちゃんが産まれる頃には母乳が分泌されるようになるとのことだ。その頃には乳首への刺激や我が子の泣き声を聞いただけで母乳が出てくるようになるという。

 我が子を母乳育児したい男性や、様々な理由で母乳が出ないパートナーを持つ男性には朗報かもしれない。ただ、副作用として頭痛や膨満感、気分の変動などが起こる可能性もあり、男性から分泌された母乳が母親の出すものと同様に栄養豊富かどうかは不明だ。

 残念ながら(?)このキットはコンセプト段階であり、実用化のテストはまだ行われていない。だが、男性が授乳した前例は存在する。過去にトカナでも取り上げたが、男性から女性へと性転換した人物が女性ホルモンや乳汁を分泌させるドンペリドンなどを投与し、我が子に自らの母乳を与えたという実例があるのだ。キットの設計はこのような事例を元に行われているという。

 今月、このキットは社会や文化の常識を問うデザインを表彰する「Meaning-Centered Design Awards」を受賞した。育児における性別の役割に一石を投じる父親の母乳キットであるが、開発者のスプリンガム氏によれば、薬剤や技術はすでに存在しており、数年以内には実用化できる可能性が高いとのことだ。

 近い将来、イクメンは母乳……ならぬ父乳で授乳もこなすのが当たり前、そんな日が来るかもしれない。

(編集部)
※イメージ画像は、「Getty Images」より

tocana

「速報」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ