「富山県」に嫁ぐが正解?富山県民が幸せな結婚生活を送る理由

10月27日(火)14時30分 yummy!

あなたは「富山県」と言われて、何を思い浮かべますか?
北陸地方にあって、日本海に面している……あとは、黒部ダム? くらいしか思いつかないかもしれません。
しかし、意外なことに富山県は、「幸せ」と「お金持ち」がそろう県なのです!
その証拠に2011年の幸福度ランキングは堂々の2位、そして一世帯あたりの実収入はぶっちぎりの1位! 地味な富山県に隠された、幸せの秘密を検証してみました。

目次

富山県はお金持ちNO.1

「富山県」は、他県と比べてパッとしないと思われがちですが、実は「幸せな結婚生活を送る」には最適とも言える環境かもしれません。なにせ墓地のキャッチコピーにも「死んでも住みよさ日本一(コピーライター:青山直人)」とつくほどの住み心地のよさなのです。
以下のような羨ましいデータが出ています。


富山県は一世帯当たりの実収入が69.21万/一ヶ月間で、2位の石川県に約5万円の差をつけて、ぶっちぎりの全国第1位! 県民の79.6%が持ち家を持っておりこれも全国第1位! さらに持ち家住宅の畳数も56.68畳で全国第1位!(参照:2008年総務省統計局「社会・人口統計体系」調べ)
富山県民は「家を持って一人前」という考えがあるようで、広い持ち家で優雅に暮らしている人が多いということが分かります。
さて、どうしてこんなにお金持ちが多いのでしょうか?

富山県民はまじめで超倹約家

お金持ちの理由は、富山県民の県民性にありました。それは、かなりの倹約家ということ。
この特性は江戸時代から培われているようで、当時、越中(現在の富山)は、加賀藩から圧政と搾取を強いられていました。それに耐え忍んできた精神が、現在のようなたくましく、抜け目ない県民性につながったと考えられています。周辺県からは「越中強盗」と揶揄されており、強盗をしてでも生き残ろうとする、しぶとい県民性をうまく表していますね。
そんな貧しさを克服するため、彼らは子どもの教育にかなり力を入れました。その教育熱心さも現代に受け継がれ、2007年の国公立大進学率は20.6%で全国トップです。
また、富山県は生活保護を受ける人が日本で最も少ないんです。まじめで保守的な考え方のため、規範からはずれた生き方を恥とする人が多いからかもしれません。

女性が働きやすく、旦那のイクメン度も高い

富山県は、女性にとってすばらしい県でもあります。なぜなら、共働き家庭の比率は全国第3位、女性の就業比率は全国第4位。
資格を取るための女性講座数も多く、人口当たり、全国平均の約9倍と、女性が働きやすく、スキルアップできる環境があるのです。(参照:2008年総務省統計局「社会・人口統計体系」調べ)
さらに、男性の育児参加率が33.7%で全国第5位という好成績も見逃せません。(参照:2006年 総務省統計局「社会生活基本調査」調べ)
ますます、富山県は「幸せな結婚生活」に適している環境に見えてきます。
離婚率も人口千人当たり1.45件で全国で最も低くなっており、幸せな結婚生活を送っていることの裏づけになるのではないでしょうか。(参照:2010年 厚生労働省「人口動態統計」調べ)

まじめで働き者のウラには……

富山県といえば、有名なのが「富山の薬売り」と呼ばれる、配置家庭薬販売業。医薬品の販売員が、各家庭や企業を訪問し薬箱を置いていき、次回の訪問時に使った分だけのお金をもらうというシステム(先用後利)です。配置薬の起源は300年以上前の江戸時代が発祥とされています。
この人と人とのつながりが密接な商売方法からも分かるように、地元の結びつきが強く、閉鎖的な性格で、排他的な面もあります。近所の家族構成や車を把握しているので、近くに知らない車が停まろうものなら、すぐに不審者とみなされるんだとか。(笑)
規則を守らなかったり、批判的な発言は許されないという県民性からか、いわゆるブラック企業も多く、自殺率も高めの全国第5位なんです。(参照:2008年総務省統計局「社会・人口統計体系」調べ)
富山県民は、墓に「日本一」というキャッチコピーをつけるほど、日本一自慢をする県。日本一と言いまくっているのは、もしかするとコンプレックスの表れなのかも、と思ってしまいます。

古き良き日本、富山

富山県での生活は、地味ですが安定した収入と雇用により、幸福度が高いのだと分かります。そして、真面目で堅実で質素な生活。まさに、伝統的な日本人の姿が富山県にはありそうです。
ムラ社会で排他的でも、一度仲間として認めてもらえれば、ものすごい結束力で守ってくれそうな、富山県民。
富山県出身の夫をゲットして、富山県で結婚生活を送るのが、幸せへの近道かもしれませんね。
(yummy!編集部)

yummy!

「日本海」をもっと詳しく

「日本海」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ