仕事終わりに浜松町から手ぶらで伊豆大島に行く旅行プランが登場

10月28日(月)14時22分 キャリコネニュース

「土日に離島旅なんていかがですか?」

伊豆大島の民宿「島宿 金砂」を運営するBONITOは11月1日、浜松町から伊豆大島への旅行パッケージプラン「手ぶらで大島」の予約受付を開始する。島への足となるフェリーは、浜松町を夜に出航。同社はリリースで、

「仕事仲間と浜松町に直行して、土日に離島旅なんていかがですか?」

とアピールしている。

仕事用のカバンはロッカーに預けてフェリーで大島へ


このプラン最大の特徴は、仕事を終えた後でも、何も準備せずに島に直行できる手軽さだ。同社では宿泊者に対し、浜松町でロッカーと着替えを用意。利用者は、ロッカーに仕事用のカバンなどを預け、あらかじめ用意された衣類などを持ち込んでフェリーに乗り込む。

浜松町で受け取り可能なグッズには、大島がデザインされたTシャツやトレーナー、下着類、歯ブラシセットといった定番品のほか、コンタクト洗浄保存液セットやスマートフォン用充電器(レンタル)まで、まさに"手ぶらで楽しめる"のコンセプトに合ったグッズをそろえている。

仕事終わりにその足で出発できる手軽さが魅力だ

フェリーは夜10時に竹芝客船ターミナルを出航し、翌朝6時に大島に到着する。仕事を終えた後、浜松町で飲みながら出航時間を待ち、船上で二次会スタート、といったことも可能だ。

一棟貸しの古民家に宿泊 島ではゆったりとした時間を楽しむ

大島ではオフィス街の喧騒からはかけ離れた、ゆったりとした時間が流れる。宿泊先は、島で100年近く使われ続けてきた板張りの古民家。町の中心地に立地しており、港や温泉施設、スーパーまで徒歩でアクセスできる。

室内にはキッチンやエアコンは当然のこと、ハンモックや蚊帳、ボードゲームなどもそろっている。サイト上では「それぞれの島時間の愉しみ方を見つけてみてはいかがでしょうか」と呼び掛けている。

11月1日からサイト上で予約開始。料金は、1人1万4800円〜で、宿泊のみの予約も受け付ける(1人5780円〜)。ただし、浜松町—大島間の船代(片道 2等4450円〜)は別途必要なので注意が必要だ。


キャリコネニュース

「浜松町」をもっと詳しく

「浜松町」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ