犬猫だけじゃない 爬虫類にも対応のペット医療保険

10月28日(月)7時0分 NEWSポストセブン

飼い主の死後、残されたペットを守る保険もある

写真を拡大

 ここ最近、「コンサートに行けなかった」、「旅行先が雨だった」、などといった、ピンポイントな“困った”をカバーするミニ保険(少額短期保険)が続々登場し、急成長中だ。中には「ペット」に特化した保険も多い。


◆自分の死後のワンコやニャンコが心配!


『ペットのお守り』(アスモ少額短期保険)


『ペットのお守り』は、飼い主の身に何かあった時に残されたペットたちを守るための入院保障付生命定期保険。


【内容】

 飼い主が病気やけがで入院した、重度障害状態となった、死亡した、このいずれかになった時に受け取れる。飼い主の年齢が満1〜84才まで加入可能。給付金は、ペットホテルや身内などに預ける時の諸費用や、老犬ホームや終身預かり施設などへの入居費用、自宅のリフォーム費用などに役立てることができる。万が一の時は、保険金受取人を親族以外のペットを託せる人に指定することも可能だ。


【保険料】

 加入年齢で保険料が異なる。たとえば50〜54才の女性が100万円プランに加入した場合(死亡保険金100万円、重度障害保険金100万円、入院日額保障5000円が受け取れる)は、月額保険料は1487円。



◆犬猫以外のペットが倒れた!


『プリズムコール』(日本アニマル倶楽部)


 ペットが長生きするのはうれしいが、全額自己負担となる医療費は大変だ。そこで加入しておきたいのが、ペット保険。


【内容】

『プリズムコール』は、犬猫以外にもうさぎ、フェレット、ハリネズミなどの小動物、オウム、ブンチョウなどの鳥類、カメ、イグアナなどの爬虫類まで対応している。それぞれ動物の年齢により加入できる期間が決まっており、その間は年齢が上がっても保険料は上がらない(小型犬の場合、1日あたり約60円〜、ホワイトプランII年払いの場合)ほか、保障割合100%で、各プランの保障限度額まで治療費が支払われる。動物により飼育環境に注意を払い、最適なプランを選択することができる。


【保険料】

 ニーズに合わせてさまざまなプランを用意。たとえば、小動物の「ホワイトプランIIの場合、月払い1910円で、入院保険金日額1万円まで(年間30日まで)、手術保険金1回15万円まで(年2回まで)などが受け取れる。


イラスト/亀川秀樹


※女性セブン2019年11月7・14日号

NEWSポストセブン

「保険」をもっと詳しく

「保険」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ