東海道新幹線「N700S」車内設備を初公開

10月30日(水)16時15分 鉄道チャンネル

東海道新幹線「N700S」

JR東海は2020年7月に新幹線の新型車両「N700S」の営業運転を開始します。

報道公開の為「試運転」表記

開始に先駆け、本日車内の報道公開が行われました。

「デュアル スプリーム ウィング形」

「N700S」は従来のN700系シリーズの先頭形状を進化させ、左右両サイドにエッジを立てた形状「デュアル スプリーム ウィング形」が特徴的。

「N700S」ロゴマーク

東海道・山陽新幹線車両として定着した「N700」の名称に、最高の新幹線車両を意味する“Supreme(最高の)”の「S」が付けられています。

普通車座席

車内には従来の新幹線に比べ、多くの新たな設備が。

コンセント完備

座席には全席で充電できるよう、肘掛け部分にコンセントが取り付けられています。新幹線混雑時、充電できる端の席を指定する為に乗車時間を何本も遅らせていた方にとっては大変ありがたい設備ですね。

倒す前(普通車座席)
倒した後(普通車座席)

リクライニング機構にはシートと背もたれが連動して動く構造が採用されています。

倒す前(グリーン車座席)
倒した後(グリーン車座席)

グリーン車座席も同様に深く沈み込む機構とし、長時間リラックスして過ごせる構造になっています。リクライニングする際、腰部も同時に沈むので、身長の低いお客様でも足が浮くことなく快適に過ごすことができます。

くつろぐ柏原

座り心地抜群で、家のリビングのようにくつろげるため、すぐに寝てしまいそうですね。

座席背面に取り付けられたフック

グリーン車内の座席の背面にはフックが取り付けられ、傘や小袋等を掛けることができます。

大型液晶ディスプレイ

前方に設置されている液晶ディスプレイはより大型になり、表示が鮮明に見やすくなりました。

荷棚に取り付けられた照明
防犯カメラ

上部に目を向けると、駐停車前に荷棚を照らすことで荷物の置き忘れを防止したり、防犯カメラを増設するなど安心して過ごせる設備が搭載されています。

特大荷物コーナー(デッキ部)
より広くなった車いすスペース
女性用トイレに取り付けられたベビーチェアー

また、事前予約制による特大荷物置場の新設や、従来は1箇所のみだった車いすスペースを2箇所設け、バリアフリーにも対応するなど車内空間の活用も考慮されていました。

「N700S」と柏原

新たな設備が設けられたことで、利便性・快適性が向上し、より良い旅を提供してくれる新型車両「N700S」。来年のオリンピック時に多くのお客様が利用し、「N700S」が活躍する姿が待ち遠しいですね。

(記事:柏原美紀、写真:神森沙織)

鉄道チャンネル

「N700S」をもっと詳しく

「N700S」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ