「沖縄の首里城を燃やしたのは僕」 タバコの不注意で燃えたと真偽不明の告白するYouTuberに批判殺到

10月31日(木)13時4分 BIGLOBEニュース編集部

画像はYouTubeより

写真を拡大

31日未明に起きた首里城の火災について、YouTuberが自身の不注意で燃やしたと真偽不明の告白をする動画を公開し、不謹慎だと批判が殺到している。


このYouTuberの男性は、「沖縄の首里城を燃やしたのは僕です。」という動画を、31日5時ごろに自身のチャンネルで公開した。動画では、「先ほどニュース入ったと思うんですけど、沖縄の首里城が火災になったということで、それを実際やってしまったのが、僕ですね」と告白。火災の原因については、「本当に申し訳ないです。僕の不注意で。タバコを吸ってたんですけど、それがね近くの森に移って、それがさらに首里城に移ってみたいな感じで、大事な建造物・首里城を燃やしてしまった」と説明した。


また、この男性は、「以後、本当に気をつけます。これは責任は取ろうと思ってもこれは本当に取れる問題ではないとは思いますが、これは完全に僕のせいです。死ぬまでこの罪は償っていくつもりです。大変申し訳ございませんでした」と謝罪。男性のYouTubeチャンネルには、「ほぼ毎日、炎上動画をアップしています!」との紹介があり、30日には「富士山から滑落した、ニコ生配信者TEDZUです。無事生きてます」という動画を公開していた。


出火原因が明らかになっていない中、公開された動画には批判が殺到。「嘘でしょうけど おふざけでは許されない!」「逮捕されるよ。こんな事までして有名になりたいとか」「YouTubeで炎上商法か何か知らんけど不謹慎すぎる」「沖縄への侮辱だぞ」「歴史的建造の焼失をネタにするなんて下劣すぎる」といったコメントが寄せられている。

BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「タバコ」をもっと詳しく

「タバコ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ