紅葉を楽しむ旅先5選 撮影に最適なスポットも

11月1日(金)12時30分 OVO[オーヴォ]

大雪山国立公園

写真を拡大

 荒れ狂う台風や大雨で、せっかく猛暑が終わっても秋を楽しむ余裕がない日々が続いた。紅葉も例年より遅く、11〜12月がピークだとか。旅行予約プラットフォーム、アゴダ(Booking Holdings Inc.・アメリカ)が、この季節の移り変わりを存分に味わえる紅葉スポットを紹介してくれた。

 まずは北海道の大雪山国立公園。北海道の屋根と呼ばれる一帯で、壮大なスケールの紅葉を日本でいち早く楽しめる名所のひとつ。お次の那須岳(栃木/福島)は、5つの火山を主とする連峰。ロープウェイで登れば、一時間ほどで頂上だ。

 そして群馬の尾瀬国立公園。おなじみのハイキングコースは、のんびりと紅葉を楽しみたい人に最適だ。山梨なら河口湖へ。日本最高峰の富士山のすぐ近くで見る紅葉は壮観。そして京都の嵐山では、色とりどりの木々のパッチワークをかぶせたような、山々の景色を眺めることができる。 ホテルを含めた情報はサイトから。

OVO[オーヴォ]

「紅葉」をもっと詳しく

「紅葉」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ