12星座別!11月の仕事運

11月1日(日)7時30分 yummy!

こんにちは。占い師のスピカです。
早いもので、今年も残り二カ月となりました!
2020年は新型コロナウイルスの影響で、仕事でも大きな変化を経験した方が多くいらっしゃると思います。
そんな2020年の仕上げに入ってくる11月、どんな仕事運が待っているのか、12星座別にお伝えいたします。

目次

おひつじ座(牡羊座)

11月は、仕事仲間と意見が食い違ってしまったり、自分の成果を取られてしまったりと、イライラする場面が出てきてしまいそうです。
カッとなりやすい時ですが、衝突するのは得策ではないので、できる限り冷静にお仕事するように心がけてくださいね。

おうし座(牡牛座)

いまいちモチベーションがあがらず、ダラダラと仕事をしてしまうような運気です。
自分に甘くなってしまう時なので、最低限のやるべきことを決めたり、がんばった後のご褒美を考えておいたりと、少しでも前に進めるように工夫するのがオススメです。

ふたご座(双子座)

11月は仕事も遊びも余裕が生まれやすい運気。


そのため、ステップアップするためにプライベートの時間に仕事の勉強をしたり、面倒で先延ばしにしがちな作業に着手したりすることで、後々かなりラクになりますよ。

かに座(蟹座)

中旬までは、忙しすぎてグッタリしてしまう運気なので、無理をしないように注意しましょう。
仕事でたまった疲れやストレスは、なるべく休みの日に解消できるように、自分自身をしっかりねぎらってあげてくださいね。

しし座(獅子座)

11月の仕事運は好調で、前に進みやすい運気。
今後の仕事の方針を真剣に考えたり、思い切った方向転換をしたりするのにも良いタイミングとなるので、ぜひ積極的に動いてみましょう!

おとめ座(乙女座)てんびん座(天秤座)

11月は、仕事に集中するよりも、プライベートを充実させた方が結果的に良い方向に進みやすい運気です。
どんなに仕事が忙しくても、休みの日には思いっきりぜいたくをしたり、好きな人と過ごしたりして、英気を養うように意識してみてくださいね。

さそり座(蠍座)

思うように仕事の成果が出ないなど、なんとなくモヤモヤした仕事運が到来する11月。
仕方なく嫌々仕事をしてもなかなか良い結果につながらないので、仕事をする中で、楽しいと思うことや好きなことを見つけられるように、少し視点を変えてみましょう。

いて座(射手座)

天空を運行している活気や闘争の星・火星がまだまだ射手座に味方をし、ライバルに勝つことができたり、難しい問題も突破できたりする11月。
仕事の場面では、強気なくらいがちょうどよく、その気持ちに見合った結果を出すことができますよ。

やぎ座(山羊座)

11月は、仕事の場面で大きな局面を迎えたり、転機となるようなことが起こったりする運気のクライマックス。
自分が社会でどのように活躍していきたいのかを見直して、心から求める方向にかじをきりましょう。

みずがめ座(水瓶座)

仕事に対してやる気が低下したり、少し怠惰になってしまったりと、中だるみしやすい11月。
惰性で仕事をするのは避けたい時期なので、新しいことを試みたり、気分転換を兼ねて仕事環境をちょっと変えてみたりと、いつもの仕事に色づけしてみてくださいね。

うお座(魚座)

マイペースに仕事と向き合うことができる運気なので、これまで気になりつつも手が回らなかったことや、改善したいと思っていたことに着手してみるのがオススメです。
言われたことを淡々とこなすよりも、自発的に動くことで、良い結果につながっていきますよ。

いかがでしたか?

激動の2020年の終わりに向けて、後悔のないように働くことができるといいですよね。
体調に気をつけながら、自分のペースで仕事に向き合っていきましょう!
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
(スピカ/占い師)

yummy!

「星座」をもっと詳しく

「星座」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ