間宮祥太朗、“天才プロ棋士役”でゲスト出演! 米倉涼子と初共演「ドクターX」

11月2日(木)6時0分 シネマカフェ

間宮祥太朗&米倉涼子/「ドクターX~外科医・大門未知子~」第5話

写真を拡大

女優・米倉涼子がフリーランスの天才外科医・大門未知子役で出演する「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」。再び西田敏行扮する蛭間重勝が院長に返り咲き、金と欲にまみれた組織へと逆戻りし始めた「東帝大学病院」で、未知子が新たな戦いを繰り広げている本作だが、そんな中来週11月9日(木)放送の第5話に、俳優・間宮祥太朗がゲスト出演することが分かった。

■天才棋士を演じるゲスト・間宮祥太朗
間宮祥太朗/「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」第5話
『ライチ☆光クラブ』『帝一の國』「僕たちがやりました」などに出演し、2018年1月放送予定のドラマ「BG〜身辺警護人〜(仮)」にも出演することが決定するなど、いま注目を集める若手俳優の間宮さん。今回彼が演じるのは、連勝記録を伸ばし続ける22歳の“天才棋士”五反田五郎五段。“人間VS人工知能(AI)のせめぎ合い”という、現代社会を投影した構図を軸にストーリーが進んでいく第5話。そんな中で五反田五段は、将棋ロボットとの対局中にけいれんを起こし、「東帝大学病院」に入院するのだが、未知子ですら病名を特定できない状態。しかし、最先端の人工知能診断システムが診断結果をはじき出し…という展開に。

■久々の将棋に「父と遊んだことを思い出しました」間宮祥太朗/「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」第5話

今回の出演が決定し、撮影が待ち遠しかったと話す間宮さん。天才棋士という役どころについて、「監督とも相談し、特定の棋士をイメージして演じるのではなく、敢えてオリジナルの棋士像を目指しました」と明かし、また将棋自体は小さい頃、父親と一緒にやったことがあるそうで、「今回は駒の持ち方から所作までいろいろと教えていただきながら、撮影に臨みました。久々に将棋をしたら、父と遊んだことを思い出しましたし、やっぱり面白いなって思いました」とコメント。

主演の米倉さんとは今回が初共演となるが、実は前にスタジオで見かけたことがあるそうで、「そのとき『あぁ、芸能界というところは、こんなにキレイな人がいるんだなぁ!』と思ったんですけど、今回も本当にキレイでした! 気さくにいろいろ話もしてくださって、ありがたかったです」と笑顔。一方、米倉さんも「話しやすい雰囲気を持っている方だな、というのが第一印象。実際お話してみると、ポンポンと答えが返ってくるので、会話も撮影もとても楽しくできました」と間宮さんに好印象を抱いたそう。

間宮祥太朗&米倉涼子/「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」第5話
さらに、今回は未知子と五反田という“天才”と呼ばれる者同士の交流も見どころのひとつ。間宮さんも「印象に残っているのは、病院の屋上で大門先生と2人、天才同士で向き合うシーン。特に肝となる場面なので、気を引き締めて挑みました。いままであまり見たことのないような瞬間を切り取ったシーンになっていたらいいな、と思います」と語っており、こちらのシーンも必見だ。

「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」は毎週木曜日21時〜テレビ朝日にて放送。

シネマカフェ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

米倉涼子をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ