100円ショップ活用術! キッチン消耗品のリピ買いアイテム5選

11月4日(月)11時0分 マイナビウーマン子育て

「あると思ってたのになかった……」「こんなにあっても入れる場所がない」など、ストック管理は難しいもの。使用期限が設けられていない日用消耗品では、特に気を抜いてしまいがちです。今や身近な存在の100円ショップでは、キッチン消耗品は特に種類豊富。100円ショップを上手に活用し、手軽にかしこくストック管理しませんか。

1125574024

Getty logo

こんにちは、ライフオーガナイザー®のうめだあさみです。

皆さんは日用品購入のルールは決まっていますか? ストック管理が難しい日用品の購入で、数々の失敗を繰り返してきた筆者。

「必要なモノだけを無駄なく買うのが、節約への近道!」「セールにつられて購入するのはキケン!」の言葉を受け、今では日用品の購入は【数カ月に一度、定番品をホームセンターでまとめ買い】がルーティンになっています。次回の買い出し日に合わせて数カ月分をまとめ買い。おかげでストック管理に悩む時間は以前に比べ激減しました。

ですが、「使用頻度が高い」または「ムラがある」キッチン消耗品は、洗剤などとは違い数カ月分のストック管理が難しい……。購入数やタイミングにはいつも頭を悩ませていました。

そこで、種類豊富な100円ショップの商品を我が家の定番に! ホームセンターよりも気軽に行くことができる100円ショップを活用し、キッチン消耗品の購入やストックにまつわるストレスにサヨナラしました。

今回はそんな我が家の「100円ショップリピ買いキッチン消耗品」についてご紹介します。

定期交換を忘れないスポンジ

特にこだわりのなかった以前は、実家の母にすすめられた1つ200円前後のスポンジを使用。オススメポイントだった「へたりにくい」というメリットが筆者にとってはデメリットに。

長期間使い続けてもへたりにくく、いつまでも張りのあるスポンジは、交換のタイミングを失い、ストックは減ることなくかさばるばかりでした。

48a1de48 cff7 4ed5 8bd0 db91a67b47c8

そこで、100円ショップで販売している4個セットに変更。安価であっても、1つ200円のスポンジと比べ洗い上がりには大きな変わりはありません。違う点といえば耐久性が少々低めなこと。1週間ほど使用しているとすっかり張りはなくなります。ですが、そのおかげで交換のタイミングを逃すことはありません。

1週間使用したスポンジは、週末にはシンク周りをしっかり磨き上げ、新しいスポンジに交換。毎週交換しても1カ月で100円(+税)! いつでもキレイなスポンジが安価で手に入れられるのもうれしい点。へたりにくいお値段高めのスポンジよりも、安くて定期的に交換できるスポンジが筆者にはピッタリでした。

ホームセンターで数カ月分を購入するとなると、ストックがかさばりますが、気軽に立ち寄ることができる100円ショップで購入するため、ストックは1パックで十分です。

事前のひと手間にもつながる! レンジフィルター

気が付くとベタベタ油で汚れているレンジフードフィルターも、100円ショップが定番。スポンジ同様、週1の頻度で交換するため、ホームセンターで数カ月分を購入するとかなりの量に……。身近な100円ショップで定期的に1〜2個のストックを購入するくらいが、ラクな管理方法です。

630f3149 5cea 4949 81c8 f0a6f60c4485

購入したら、すぐに開封し、レンジフードに合わせてカットして、1回分を輪ゴムでまとめています。

数カ月分、何枚も事前にカットする……となると、後回しにしたくなりがちですが、1つくらいなら、とできるひと手間。ストック数が少ないからこそ行えるものです。

事前にカットされていれば、フィルター交換には5分もかかりません。汚れたフィルターを外し、新しいモノをセットすればOK!

まとめ買いしたまま、未カットの状態で置いておくよりも、こまめに交換することができています。

484e4d1d 5840 46a4 a49d 3b035d987d4f

我が家では100円ショップの46センチ×240センチのレンジフードフィルターが定番。

いつもの100円ショップで迷うことなく同じ商品を購入し、帰宅後はすぐ開封して、3等分にカットしておけば、ピッタリ1回分が完成! 購入にも事前にかけておくひと手間にも悩む必要もありません。もし買い忘れてしまっても、身近な100円ショップならすぐに購入することが可能です。

ストックにかさばるメラミンスポンジ

キッチンだけでなく、家中のさまざまな場所で使うことが多いメラミンスポンジ。数カ月分、家中で使う量を買い、その上カットされたスポンジは、収納庫の中でかなりの場所を占拠することに。

ただでさえ広くはないキッチン収納庫は、メラミンスポンジのストックでいっぱいになってしまいます。

E9f56bd3 9cd2 4639 b0f2 993cadbe3da8

そこでメラミンスポンジの定番も100円ショップで。未カットの細長いメラミンスポンジならかさばりにくく、隙間にスッと納めておくことが可能です。開封したら使用法に合わせてカット、スポンジ入れにスタンバイします。

カットしなければならないことが面倒にも感じるかもしれませんが、実はこれが後々メリットに。使用場所や使用方法に合わせ、自分でカットできるため「もう少し大きかったら……」「こんなに大きくなくても……」といったモヤモヤとは無縁! どれでも自分仕様なので、使い勝手は抜群です。

機能的にはホームセンターで購入したものと遜色なし。落としたい汚れをスッキリキレイにしてくれます。

消費量が多い! 不織布水切りフィルター

6f537bc2 1bf7 4f2c b6d3 1c4bbd77edef

三角コーナーを使用しない我が家。水切りフィルターを排水口ゴミ受けに直接にセットします。

水切りフィルターは、「ゴミを受けて水を切る」と同時に「キッチンシンク掃除のスポンジ代わり」にも活用。そのため、一度の食事の用意〜片づけまでで2〜3枚使用することも。

Img 2122

排水口にセットする前に、食器用洗剤をつけてシンクをササっとひと拭き。あとは水をかければスッキリ! わざわざシンク洗い用スポンジを用意する手間も省けます。

朝食・夕食で使うフィルターは1日につき3〜5枚。大量に使うなら、ホームセンターの方が安価かもしれないと調べてみましたが、同量で98円。その差はたったの十数円! 数カ月分まとめ買いをした場合の収納場所と値段、筆者自身の管理能力を考慮した結果、100円ショップでの定期的な購入が我が家にはベストでした。

あまり使わないからこそ100均! ポリ手袋・ゴム手袋

F140c00b 1469 49bf 98b6 ba871f2fff83

調理の際にはポリエチレン手袋がお役立ち。とはいえ、前述のスポンジや水切りフィルターに比べると、毎日必ず使用するわけでもなく、定期的な消費とはいいがたい消耗品です。どの程度で全部がなくなるかが読めないため、ストックの量に悩みがちですよね。そんな場合にも100円ショップでの購入は気楽に済みます。

ストックがなくなったら近所の100円ショップで購入、のサイクル! ストックしすぎも、在庫なしも予防できます。ホームセンターの商品と比べても、使用感に大きな違いを感じることもありません。

36d65bbc a0e2 4d34 8806 a3949184eb48

食器洗いに使用するゴム手袋も100円ショップ。時間の経過で劣化する可能性があるゴム手袋は予備をストックせず、現在のモノがダメになった時点で購入します。身近で訪れやすい100円ショップだからこその、在庫管理法です。

最近はデザイン性の高いゴム手袋も販売されており、選ぶのも楽しくなります。

まとめ

いつ訪れても新商品が揃い、かわいい小物や収納グッズはもちろん、衣料品や食料までもがワンコインで購入できる100円ショップは主婦の強い味方。そんな100円ショップでは、キッチン消耗品も数多く取り揃えられています。

日用品・消耗品の購入には、ホームセンターなどでのまとめ買いプラス、気軽に立ち寄りやすい100円ショップも上手に活用! 悩まされがちなストック管理をラクにしてみませんか。

マイナビウーマン子育て

「100円ショップ」をもっと詳しく

「100円ショップ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ