【高校受験2021】和歌山県立高、全日制募集定員は95人減

11月4日(水)13時45分 リセマム

令和3年度県立高校入学者選抜

写真を拡大

和歌山教育委員会は2020年10月30日、2021年度(令和3年度)和歌山県立高等学校の学校別・学科別募集定員を公表した。全日制の課程の募集定員は、前年度(2020年度)より95人減の6,385人。一般選抜は、学力検査を3月11日、面接・実技検査などを3月12日に実施する。

 全日制の課程の募集定員は、160学級で6,385人(県立中学校からの進学者枠を含む)。前年度の162学級6,480人と比較して、2学級95人減となった。募集定員を減らすのは、和歌山北(スポーツ健康科学)40人減、和歌山東(普通)40人減、串本古座(普通)15人減。

 県立高等学校入学者選抜による募集を行わず、県立中学校からの進学者のみとする学級は、橋本(普通)のうち1クラス、向陽(環境科学)、桐蔭(普通)のうち2クラス、日高(総合科学)、田辺(自然科学)。県立中学校からの進学者を除いた各校の募集定員を見ると、橋本(普通)160人、向陽(普通)200人、桐蔭(普通)200人、海南・海南校舎(普通)160人、海南(教養理学)40人など。

 そのほか、市立高校の募集定員も参考として掲載。全日制の課程では、和歌山市立和歌山が総合ビジネス科で160人、デザイン表現科で40人、普通科で60人、海南市立海南下津は家政科で80人、食物科で40人を募集定員とする。

 一般選抜・スポーツ推薦の日程は、一般出願を2021年2月24日および25日、本出願を3月4日および5日に受け付ける。学力検査を3月11日、面接・実技検査などを3月12日に実施し、3月19日に合格者を発表する。

リセマム

「和歌山」をもっと詳しく

「和歌山」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ