2019年10月の地震概況〜国内M5以上4回・震度4以上1回、08月・09月に続き世界M7以上はなし

11月5日(火)19時47分 地震NEWS


2019年10月は08月・09月に引き続き世界でM7以上大地震は発生しなかった。日本国内で観測されたM5以上の地震は4回、震度4以上を記録したのは10月12日の千葉県南東沖M5.4・震度4の1回であった。


09月に引き続き世界でM7以上発生せず

2019年10月に世界で発生したM6以上の地震は6回で、08月・09月に続きM7以上大地震は観測されなかった。10月に最大の規模だった地震は10月29日のフィリピンM6.6 [1]。

M7を超える規模の地震は07月14日のインドネシアM7.2 [2]以降発生しておらず、2019年としては9回のまま。これまでの最大は05月26日のペルーM8.0 [3]であった。

2018年にはM7以上が17回起きていたことから2019年は大地震の発生頻度は前年より低い。M6以上の地震は2018年に134回が記録されており、2019年は10月までに115回となっている。、


国内M5以上は4回・震度4以上は1回

2019年10月に日本国内で発生したM5以上の地震は4回で、震度4以上を記録したのは10月12日の千葉県南東沖M5.4・震度4の1回であった。

2019年10月の日本国内M5以上
2019年10月06日 M5.1 震度2 奄美大島北西沖 [4]
2019年10月12日 M5.4 震度4 千葉県南東沖 [5]
2019年10月15日 M5.4 震度2 択捉島付近 [6]
2019年10月17日 M5.4 震度1 与那国島近海

09月に起きたM5以上が3回、震度4以上が0回であったことに照らせば、10月の国内発震状況は前月より多少活発であったと言える。

とは言え、M5以上の地震発生数は03月の09回を筆頭に7回以上であった月がこれまでに4回を占めていることから、2019年の傾向性としては10月の地震活動が活発であったとは言い難い。

日本国内を震源とするM5以上地震発生数
2019年01月 06回
2019年02月 06回
2019年03月 09回
2019年04月 08回
2019年05月 07回
2019年06月 05回
2019年07月 07回
2019年08月 06回
2019年09月 03回
2019年10月 04回

日本国内で2019年に観測されたこれまでに最も強い地震は06月18日の山形県沖M6.7・震度6強 [7]であった。


09月に続き高水準だった24時間以上の地震空白

それ以外で2019年10月に特徴的であった事項としては、24時間有感地震なし、が5回発生していたことが挙げられる。

最も空白が長かったのは10月24日19:10の薩摩半島西方沖M3.2・震度1から10月26日21:32の京都府南部M3.6・震度2までの約50時間。

2019年は01月に2回、03月に1回、04月に1回、05月に3回、07月に1回、08月が2回であったが、09月には04回、10月に05回と増加していることから、ここでも地震活動が最近静穏であることを示す一端が窺える。


[1] https://jishin-news.com/archives/13077
[2] https://jishin-news.com/archives/12832
[3] https://jishin-news.com/archives/12731
[4] https://jishin-news.com/archives/13028
[5] https://jishin-news.com/archives/13052
[6] https://jishin-news.com/archives/13063
[7] https://jishin-news.com/archives/12773

地震NEWS

「地震」をもっと詳しく

「地震」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ