備長炭で焼かれた干物のおいしい香りが、箱根の街を包み込む!?【喜之助】

11月5日(木)12時0分 TABIZINE

店頭で焼かれる干物の香りが誘惑する

店頭にある焼き場からは、煙がもくもく!なんとも言えない干物の香ばしい香りが漂います。そのおいしい匂いに誘われて、つい足を止める人が続出!赤ちょうちんと酒林が揺れるお店に入れば、白壁に木肌を生かした、ほっこり落ち着ける空間が広がります。

店の名物は何といっても備長炭で焼かれる干物!アジにエボダイ、サバ、カマス・・・どれにしようか迷います。

完全無添加、1枚1枚手作業の手開きにこだわった干物

定食にも惹かれますが、今回はいろいろな干物を楽しめる「もてなし干物盛り合わせ」(1,500円・税抜)をオーダー。焼き場では早速干物が備長炭で焼かれ、食欲を誘われる香りが!

アジ・サバみりん・カマスの3種類の盛り合わせがテーブルに到着!その日によって種類は変わることもあるそうですが、この3種がスタンダード。

どうです!この照りと艶。絶妙な焼き色と相まって見ているだけでおいしいのがわかるほど。塩みも絶妙!優しく炭の香りをまとった外は香ばしく、中はふんわり。凝縮された旨みとともにジューシーな脂があふれだします。

サバみりんは、秘伝のタレを使用したみりん干し。扱っている干物は相模湾で捕れた魚が中心で、すべて完全無添加。1枚1枚手作業の手開きにこだわっているのだとか。魚によって微妙に味付けを変えるなど、備長炭で焼いたときに一番おいしい状態で提供できるようにしているこだわりも。

いや〜、余分な脂が炭に落ちて煙を上げるサンマもおいしそう!

「喜之助の生さんま」は800円(税抜)。お酒も進んでしまうこと間違いなしのおいしさです。

ブランド牛はお寿司で!鯛茶漬けでおなかも満足!

こちらは「肉寿司」2貫(500円・税抜)。赤身の美しさが際立つ神奈川県のブランド牛「相州牛」を使用。見た目より脂は軽めで控えめ、赤身の旨みをダイレクトに感じられる優しい舌触りが後を引きます。

締めにぴったりなのは「鯛の胡麻茶漬け」(980円・税抜)。まずは鯛だけでいきたいところですが、ごはんの上に鯛をのせて、出汁をかけていただくのが流儀!これを楽しんだ後に、胡麻ダレを加えて頬張りましょう!1品で2つの味が楽しめますよ。

喜之助

住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本703-19

営業時間:11:30〜14:30(L.O.14:00)、17:30〜22:00(L.O.21:30)

定休日:月

アクセス:箱根登山鉄道鉄道「箱根湯本駅」より徒歩2分

URL:https://www.kinosuke.co.jp/

※2020年11月現在、新型コロナウイルス感染症対策のためサービス体制や料理提供方法などが通常と異なることがあります

[All Photos by (C)tawawa]

TABIZINE

「備長炭」をもっと詳しく

トピックス

BIGLOBE
トップへ