田中邦衛に続き...!? 業界人が本気で体調を危惧する大物有名人3人とは?

11月5日(木)18時30分 tocana

※画像は、『海の若大将 [東宝DVDシネマファンクラブ]』/東宝

写真を拡大

「田中邦衛さんの記事が出てからというもの、次は誰が危ないとか、あの人も実はもうそろそろなんじゃないかって、穏やかじゃない話が飛び交ってますね」(週刊誌記者)

 テレビドラマの名作『北の国から』(フジテレビ系)の主役・黒板五郎役をはじめとして、数々のヒット作に出演してきた名優・田中邦衛。ここ数年、テレビやスクリーンなど公の場から遠ざかっていたことから、重病説が飛び交っていた。

「そんな中で、例の週刊誌の報道でしょう。しばらく公の場に姿を見せていないということは、見せられないということ。田中さんも82歳と高齢ですし、昨今は同年代の高倉健さん、菅原文太さんも亡くなってます。もう何があってもおかしくない年齢ですからね」(映画関係者)

 そんな中、今、体調を危惧されている大物が3人いるという。

「ひとりは、山田洋次監督です。実は、かなり足腰が弱ってしまっていて、誰かの支えがないと歩くことができないというウワサです。本人も体力的なことを考えて『あと撮れて2、3本かなと』と親しい人には漏らしているようです。84歳と高齢ですから、仕方のないことかもしれませんけどね。あとは、すでに公になっていますが、演出家の蜷川幸雄さんですね。『劇団四季』の浅利慶太さんも危ないとウワサされています。共通して言えるのは、みなさん80歳を超えている高齢者だということです。このくらいの年になれば、季節の変わり目などにも何かあってもおかしくないですからね。3人とも日本の映画、舞台界ではなくてはならない人たちですから、健康には気を付けてほしいのですが」(芸能事務所関係者)

 まだまだ3人の作品を見てみたいのだが——。

※画像は、『海の若大将 [東宝DVDシネマファンクラブ]』/東宝

tocana

この記事が気に入ったらいいね!しよう

田中邦衛をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ