新型コロナで冬のボーナス激減 「2.5か月分からゼロへ」「賞与ゼロ以外にも、給与まで減給」

11月6日(金)12時59分 キャリコネニュース

冬のボーナス激減!

新型コロナウイルスによって業績が悪化した企業は多い。当然、冬のボーナスにも影響が出ている。空港業務スタッフ(グランドハンドリング)として働く千葉県30代男性のキャリコネニュース読者は次のように語る。

「入社時は夏・冬は基本給の2.5か月分、期末手当として0.5か月分と言われました。しかし今年は、夏は1か月分、冬は支給されるかわかりません。理由はコロナウイルスによる業績悪化のため。毎月の手取りが低過ぎるのでボーナスが支給されないと生活ができないので困っています」

鉄道業30代男性「ボーナス100万円から60万円に。住宅ローンの返済厳しい」

エアライン勤務の大阪府40代男性は、「JAL、ANAではないですが、知っての通りのコロナで激減しました。去年は120万円だった冬のボーナスも、今年はゼロです」と綴る。

「来年もゼロが確定的で再来年以降も厳しそうだしコロナの収束がみえてこない限り先行きは不安ですね。賞与ゼロ以外にも、給与まで減給になっているので困っています。消費を控えて家計は徹底的に防御体制です」

男性は、「会社では旅行することを世間に推奨していますが、自分達は減給で旅行に行く気でない自己矛盾を抱えて仕事をしています」とこぼしている。

鉄道業の滋賀県30代男性も、「会社の収入減で去年は100万円だったのに60万円に減額しました。社会や国からの要請で運行しているのに補償が無いのは納得いかない。住宅ローンの返済が厳しい」と嘆いている。

不動産業界20代女性「数日後に『やっぱり半額にする』と通達」

旅行会社勤務の福岡県50代男性も「冬のボーナスはゼロなので、住宅ローンのボーナス払いを工面しています」とコメントしている。同じく旅行会社勤務の大阪府40代女性は、

「海外旅行メインの旅行会社です。冬のボーナスは35万円からゼロに。コロナの煽りを受け、夏だけでなく冬もボーナス無しと決まりました」

という。ただ「実家暮らしのなので生活は困っていません」というのが救いなのかもしれない。

影響が出ているのは航空・旅行業界だけではない。不動産・建設系の青森県20代も「コロナの影響で売上が減り、冬のボーナスは20万円から10万円に減りました」という。減額に至るまでもひと悶着あったようだ。

「最初は予定通り20万で明細ももらいましたが、数日後に『やっぱり半額にする』と通達が来て、明細も没収されました。だったら、最初から半額にして欲しかったです」

※キャリコネニュースでは引き続き冬のボーナスが激減した人や「ソシャゲ廃人経験者」に関するアンケートを募集しています。

キャリコネニュース

「新型コロナ」をもっと詳しく

「新型コロナ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ