豚汁+バター、○○+カレールー おいしいちょい足しレシピ

11月7日(火)7時0分 NEWSポストセブン

定番料理がさらに美味しくなるちょい足し術(写真/アフロ)

写真を拡大

 気温が下がり、冷たい風が吹き出すと食べたくなるのが、鍋やおでん、シチューなどのあったか〜い冬の定番メニュー。定番というだけあって、マンネリ化しがちな冬の料理だけど、たったひとつの食材を加えるだけで、劇的においしくできるって知ってました?


「しかもその食材は、バターやリンゴなど、どの家庭にもあるものばかり。いつも食べている料理に一手加えるだけで、高級料理と見紛うほど味が変わります。冬の料理には、そんな裏ワザがたくさんあるんです」(料理研究家のタケムラダイさん)


 おいしすぎる“ちょい足し”レシピを5つ公開します。


◆グラタン+リンゴ


「焼く前にスライスしてのせるだけ。ほどよい酸味と甘みが加わって、女性好みのスイーツのような味わいになります。一風変わったレシピだと、ポテトチップスを入れる方法もあります。焼く前にひとつかみ程度を砕いて混ぜると、じゃがいもの風味が増して、これまた大変美味になります」(タケムラさん)


◆茶碗蒸し+コンソメ


「和風だしの代わりにコンソメを使うのがオススメです。フランス料理の『フラン』のような高級で優雅な味わいになります。もうひとつ、蒸す前に器の中に焼き餅を入れると、ボリュームと香ばしさが格段にアップします」(タケムラさん)


 まさに和洋折衷の茶碗蒸しだが、料理研究家の野口英世さんがもうひとつ裏ワザを伝授する。


「レモン汁が非常に合うんです。ゆずを散らすのとはまた違って、さっぱりとさわやかな味わいになります」


◆鮭のホイル焼き+粒マスタード


「焼き上がったら、鮭が隠れるくらいたっぷりとかけましょう。マスタードが鮭の魚臭さを完全に中和してくれるので相性抜群です。マスタードが苦手なかたは、代わりにオリーブオイルを大さじ1杯かけてもいいでしょう。どちらも和風メニューが一気にイタリアンに変身して、これまたおいしい。バジルを添えると完壁です」(タケムラさん)


◆豚汁+バター


「1cm角のバターで濃厚な味になります。粒コショウを加えると、さらに洋風に仕立てることができる。粉チーズでもOK。大さじ1杯で風味とコクがプラスされ、ガツンと濃厚に。パンにも合うメニューになります」(タケムラさん)


◆きのこの炊き込みご飯+カレールー


「炊飯器で炊く前に、4人分に対してルーひとかけをプラスすると、和風カレーピラフのような仕上がりになります。これがメチャクチャうまい。炊きあがったら、よく混ぜ合わせてください」(タケムラさん)


 もうひとつ、一風変わったレシピが、さば缶を加えるというもの。


「これも炊く前に、4人分に対して1缶を入れましょう。きのこと相性のいいさばのだしが、うま味をアップさせます」(タケムラさん)


※女性セブン2017年11月16日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

バターをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ