ジュラシック・ワールドかな?コモドオオトカゲ同士の白熱した戦い(インドネシア)

11月9日(土)18時30分 カラパイア

no title

 そのルックスから現世の恐竜ともいわれているコモドオオトカゲ(コモドドラゴン)の白熱した対戦が行われていたようだ。

 場所は生息地であるインドネシア。女性をめぐっての戦いだったそうだ。

Komodo Dragons Wrestle for Dominance

 体の大きさはほぼ互角。両者はにらみ合いながらお互いをけん制するところから始まる。先制を取ったのは画面右側の個体だ。

2

 そのまま両者立ち上がった。オス同士が直立しての組み合うこの行動はコンバットダンスと呼ばれている。メスを巡って争うのだ。

3

 右側のコモドオオトカゲが左側をホールド。どうやら勝負はついたようだ。

5

 コモドオオトカゲは全長2〜3m、体重約70kgの巨大なトカゲである。肉食性で大型の哺乳類も食べる。動物の死骸もいけるクチだ。

 毒を持っていて、歯の間にある複数の毒管から注入する。これにより獲物は血液の凝固を阻害され、失血によるショック状態を引き起こすという。

 生息地の破壊や密猟による獲物の減少などにより生息数が減少しており、保護の対象となっている。

カラパイア

「インドネシア」をもっと詳しく

「インドネシア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ