ブルートゥースでスマホと連携 装着しやすい新形状の手首式血圧計

11月10日(日)17時0分 J-CASTニュース

誰にでも装着しやすい新設計 

写真を拡大

シチズン・システムズは、手首式血圧計「CHWH」を2020年2月上旬に発売する。

ホワイトモデルは「脈報知ブザー」搭載


本体は手のひら側にパーツのないL字型で、カフ(腕帯)がU字型の新形状を採用し、筋肉が緊張しすぎて腕が硬直、麻痺した痙縮(けいしゅく)者でも装着可能になったという。


Bluetooth(ブルートゥース)通信に対応。専用アプリをインストールしたスマートフォンなどへ測定記録を自動で転送し、手軽に日々の健康管理ができる。


ホワイトモデル「CHWH903」、ブラックモデル「CHWH803」を用意。共通の主な仕様として、電源は単4形アルカリ乾電池×2本で、約400回の測定が可能。60回メモリーを内蔵。毎回同じ姿勢での測定を促す「測定姿勢ガイド」、「血圧分類表示」を備える。収納ケースが付属。


「CHWH903」は、脈を音で通知する「脈報知ブザー」、「気温急変/警戒気温お知らせ」などの機能を搭載する。


いずれも価格はオープン。

J-CASTニュース

「スマホ」をもっと詳しく

「スマホ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ