【ポップな心霊論】「幽霊より元ヤンのほうが怖いです」

11月10日(日)15時50分 女性自身

その霊能力のために、楽屋では霊視を求める先輩芸人たちが行列をつくることもあるという、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の“霊がよく見える”ピン芸人・シークエンスはやとも(28)。『ポップな心霊論』は、彼が人生で見てきた霊たちや霊現象などを紹介していくコラム連載!



【幽霊より元ヤンのほうが怖いです】



この間、元ヤンの人ばかりが参加するイベントに連れて行ってもらったんです。会場には、ヤンチャでちょっと怖い感じのおじさんが100人くらい集まっていて。予想どおり、僕はめちゃくちゃ浮いてました(笑)。



イベントが始まってからは、驚きの連続で。舞台上のスクリーンに、過去の激しいケンカ(……というか、もはや抗争なんですけど)の映像を流したりしながら、みんなで大笑いしてるんですよ。



そして何より驚いたのが、その場にいる半数以上の人たちに、めちゃくちゃ恨みの強い幽霊が憑いていたこと。しかも、恨まれ方が半端じゃなかったので、もしかしてこれは、“直接手を下してる”んじゃないかって。



気付いたときは、生きた心地がしなかったです。さすがに怖すぎて、すぐ会場をあとにしました。



ただ、落ち着いて考えてみると、取り憑かれるってことは、ちゃんと罪悪感はあるんですよね。実は幽霊って、まったく罪悪感を抱かない人とか、良心が欠如してる人には、取り憑けないんですよ。



だから、取り憑かれてる人はまだマシで、何も憑いてない人のほうがヤバいのかも。幽霊より生きてる人のほうが怖いです……。



【お知らせ】

はやともさんへのファンレター・心霊相談は、

〒112-8011 東京都文京区音羽1-16-6

光文社・女性自身編集部「ポップな心霊論」係まで!

女性自身

「幽霊」をもっと詳しく

「幽霊」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ