【平山周吉氏書評】伝説の俳人・河東碧梧桐に肉迫

11月10日(日)16時0分 NEWSポストセブン

『河東碧梧桐 表現の永続革命』石川九楊・著

写真を拡大

【書評】『河東碧梧桐 表現の永続革命』/石川九楊・著/文藝春秋/2500円+税

【評者】平山周吉(雑文家)


「五七五のリズムの生れるべき適当な雰囲気が、芭蕉の身辺に醸生してゐたのではないでせうか」「芭蕉の時代に近い、それと相似た雰囲気のもとに立たねば、再び五七五のリズムの物をいふ時は復帰しないのではないでせうか」


 本書に引用されている河東碧梧桐(かわひがしへきごとう)の『新興俳句への道』の一文である。碧梧桐は高浜虚子と並ぶ正岡子規門下の巨人だった。虚子が花鳥諷詠を愛で、「ホトトギス」を一大文芸企業に発展させたのに対し、碧梧桐は旅を続け、定型を破壊し、遂には俳壇を引退した。


 書家・石川九楊による評伝『河東碧梧桐』は、俳句と書のいずれでも近代の最高峰となった碧梧桐を描き出す。「近代史上、書という表現の秘密に肉迫した人物は、河東碧梧桐と高村光太郎の二人しかいない」という判断があるからだ。俳句は五七五と指折り数えてヒネるのではない。俳句の母胎である「書くこと」=書字へと降りて行くことによって新たな俳句へ至るという「俳句—書—俳句」なる回路の作句戦術に向かった」のが碧梧桐だ。


 明治末、碧梧桐は六朝書の新鮮な衝撃をバネに子規的世界から離脱できた。その当時は、「書は文芸と密接な関係にあり、切り離すことはできない」(『近代書史』)時代だった。いまでは視えなくなったその関係が多くの図版を援用しながら論証されていく。


 碧梧桐の俳句は活字ヅラで読むより、書として鑑賞する時に、その「自由で愉快な」魅力が伝わってくる。日本の近代化が「西欧化」であると同時に「中国化」でもあったことをも、碧梧桐を論じることで解明していく。


 著者は「かく」ことなくして文はない、という強力なワープロ・パソコン否定論者である。本書の中では芥川賞を二種に分け、手書きの「芥川賞」と別に「e芥川賞」をと提言している。その箇所を読んでいる時に思い出したのは長らく芥川賞銓衡委員を務めた瀧井孝作のごつごつとした選評の文章だった。瀧井こそが碧梧桐に激しく傾倒した大正文学青年だった。


※週刊ポスト2019年11月8・15日号


河東碧梧桐—表現の永続革命

NEWSポストセブン

「書評」をもっと詳しく

「書評」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ