「実名登録制」「1日のプレイは1.5時間まで」「課金上限400元」 中国政府が未成年者のオンラインゲーム依存防止策として新ガイドラインを公表

11月11日(月)15時30分 ガジェット通信

「実名登録制」「1日のプレイは1.5時間まで」「課金上限400元」 中国政府が未成年者のオンラインゲーム依存防止策として新ガイドラインを公表

写真を拡大

11月6日、中国政府は未成年者(18才未満)のオンラインゲーム依存防止策として、新たなガイドラインを公表しました。中国国内で運営されている全てのオンラインゲームに適用されることになります。

图表:《关于防止未成年人沉迷网络游戏的通知》提出的六方面举措
http://www.gov.cn/xinwen/2019-11/06/content_5449157.htm[リンク]

新ガイドラインは、実名登録制(正確な個人情報をベースにした年齢確認制度)、夜10時〜朝8時までのプレイ禁止、1日のプレイ時間1.5時間以内(休日は3時間以内)、1か月間のゲーム内課金額の上限400元(約6250円)といった内容が盛り込まれています。

ゲーム内課金についてはさらに細かく規定されていて、8才未満はゲーム内課金利用不可。8才以上16才未満は1回のゲーム内課金額の上限50元(約780円)、1か月間のゲーム内課金額の上限200元(約3100円)。16才以上18才未満は1回のゲーム内課金額の上限100元(約1560円)、1か月間のゲーム内課金額の上限400元(約6250円)となっています。

監視カメラによる監視社会化が急速に進んでいる中国。大義名分は“未成年者のオンラインゲーム依存防止策”ということですが、その裏で本当の目的は“ゲーム依存者の正確な個人情報を把握すること”だったりするのかもしれませんね。

※画像とソース:
http://www.gov.cn/xinwen/2019-11/06/content_5449157.htm
https://edition.cnn.com/2019/11/06/asia/china-bans-online-games-minors-intl-hnk/index.html

—— 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

—— 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

ガジェット通信

「ゲーム依存」をもっと詳しく

「ゲーム依存」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ