今度の舞台はランカウイ島!映画『コンフィデンスマンJP』第二弾公開日が2020年5月1日に決定

11月11日(月)11時44分 RBB TODAY

(C)2020「コンフィデンスマンJP」製作委員会

写真を拡大

ドラマ『コンフィデンスマンJP』の映画化第二弾作品公開日が、2020年5月1日に決まった。


 同作は、映画『ミックス。』『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズや、『リーガルハイ』シリーズなど、様々なヒット作を手掛けた脚本家・古沢良太によるテレビドラマ『コンフィデンスマンJP』の映画化。今年5月17日には映画化第一弾が公開され、観客動員数は200万人以上、興行収入29.3億円以上のヒットを記録した。

 登場するのは、美しきコンフィデンスウーマンで主役のダー子・長澤まさみ、真面目で小心者の若きコンフィデンスマン・ボクちゃんこと東出昌大、百戦錬磨のコンフィデンスマン・リチャードに小日向文世。前作では香港で撮影されたことでも話題になったが、今作でも豪華な海外ロケが実現。別名“伝説の島”とも呼ばれる南国の島、マレーシアにある「ランカウイ島」で撮影が敢行された。
ついにクランクアップを迎え、長期間の海外ロケを終えた長澤まさみは「『この人も出るの?』『あ、あの人も!』というような、バラエティに富んだ豪華なゲストが勢揃いしています。こんな贅沢な映画、他に無いんじゃないかなと思っています」とコメント。東出は「前作よりもスケールアップしています!大きな会場、豪華な出演者、マレーシアじゃないと撮れないシーンがたくさんあったと思います」と話し、小日向は「ランカウイ島に入った時に目に入ってきた白い砂浜、青い海、そしてそれと対比するように、泥のように眠ってしまいそうなスタッフ!(笑)スタッフの皆さんは本当に大変だったと思います」とスタッフを労っている。

 今回は3人のどんな活躍が見られるのか。そのスケールにも期待の映画『コンフィデンスマンJP』第二弾は、2020年5月1日公開。

RBB TODAY

「コンフィデンスマンJP」をもっと詳しく

「コンフィデンスマンJP」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ