寝れば忘れるのはうらやましいけれど… ほとんど悩みがない人の短所とは

11月11日(月)11時31分 しらべぇ

カップル(Ranta Images/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

生きていれば、悩みはつきないもの。しかしながら中には、悩みとは無縁なうらやましい人もいるようだ。


■「とくに悩みがない」4人に1人

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,733名を対象に、「悩みについて」の調査を実施。

とくに悩みはないグラフ

「とくに悩みはないほうだ」と答えた人は、全体で26.2%だった。


関連記事:不安で眠れない日はある? 不眠のせいで仕事のミスが続く悪循環も

■悩みがなくなるのは60代以上から?

性年代別では、男女ともに60代が一番多くなっている。

とくに悩みはない性年代別グラフ

人が悩まずに生活を送るには、60年以上生きる必要があるのだ。

「仕事をしている以上、対人関係が続いていく。そうすれば考え方の違いも生まれてくるのは当然だし、悩むのは仕方ない。定年後には、一気に悩みが減るかもね。その代わりに、孤独になるのかな」(40代・男性)

■10代は男女間で大きな差

10代に目を向けると、男女間で大きな差がある。男性では、悩みがない人が多いのだ。

「自分が高校生のときには、あまりなにも考えてなかった気がする。なんとなく学校に行って、友達とワイワイはしゃいでいただけ。今はその分、悩みばかりだけどね」(20代・男性)


一方で女性は、思春期特有の悩みを抱えている。

「思春期なんて、悩みしかなかった。友達とのちょっとしたことで悩んでは、深く落ち込んでいた。もっと細かいことを言うなら、おでこにできたニキビひとつで悩んでいたもの。その頃から比べれば、少しは強くなれた気もする」(20代・女性)


■一晩眠れば嫌なことを忘れる

嫌なことをすぐに忘れる、うらやましい性格の人もいる。

「僕は基本的にどんな嫌なことがあろうと、一晩寝れば忘れる性格。そのために、あまり悩みもない。周囲の人にそのことを言ったら、うらやましがられる。


ただ人の痛みにも鈍感なほうなので、後輩が悩んでいても気づけないところは短所といえる。きっとよく悩む人は、人の気持ちに寄り添える優しい人が多いのでは?」(30代・男性)


それぞれの性格に、長所と短所があるのだろう。


・合わせて読みたい→職場に入った新人に冷たくしてしまう そんな悩みに「それでいい」の声


(文/しらべぇ編集部・ニャック



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年10月28日〜2019年8月30日

対象:全国10代〜60代の男女1,733名(有効回答数)

しらべぇ

「不安」をもっと詳しく

「不安」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ