横須賀 総武線 E235系12/21営業運転開始、E131系も登場し房総の列車体系を更新

11月12日(木)17時40分 鉄道チャンネル

横須賀・総武線むけに製造が続く、鎌倉車両センターE235系1000番台。その営業運転が12月21日から始まる。

運行区間は横須賀線 東京〜久里浜、総武快速線 東京〜千葉、外房線 千葉〜上総一ノ宮、内房線 蘇我〜君津、総武線 千葉〜成東、成田線 佐倉〜香取、成田〜成田空港、鹿島線 香取〜鹿島神宮。

E235系1000番台は、現行のE217系と同様、11両編成(6M5T)51本と4両編成(2M2T)46本、合計745両つくり、E217系を置き換えていく。今年度は、11 両8本、4両8本をつくる。

E217系とE235系1000番台で大きく変わる点のひとつが、オールロングシート化。E217系にあったセミクロスシートが消滅する。

基本スペックは山手線11両編成(6M5T)とほぼ同様。ステンレス車体、VVVFインバータ制御(SiC素子)回生ブレーキ、独立M車方式 (1両に1台の制御装置)、全閉外扇型誘導電動機(熱交換で冷却)、二重系静止形インバータ装置、オイルフリー式コンプレッサ、INTEROS列車情報管理装置、改良型電気式(ラック式)戸閉装置、地上設備状態監視機能・車両状態監視機能がつく。

総武線にE235系が走り始め、その数か月後には館山・鹿島方にボックス席がつくE131系2両編成12本が登場。房総の車両や列車体系が、大きく変わる。

館山 鹿島 に2021年春に登場するE131系 2両12本はボックス席など房総209系の特徴を継承
https://tetsudo-ch.com/10346084.html

2021年春登場の新型車両E131系は房総をどう走るか
https://tetsudo-ch.com/10443490.html

2021年春、房総・鹿島エリアに新型車両「E131系」を投入——JR東日本
https://tetsudo-ch.com/10346023.html

鉄道チャンネル

「横須賀」をもっと詳しく

「横須賀」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ