金箔で表現した脳内のニューロンマッピング映像

11月13日(月)18時30分 カラパイア

04_e11

 神経科学者のグレッグ・ダン博士は、脳を表現するというアート活動に取り組んでいる。今回、共同研究者のブライアン・エドワーズ(Dr. Brian Edwards)氏とともに、脳内のニューロンをマッピングして、脳の構造を金箔で描き上げた。

 反射マイクロエッチング(Reflective microetching)と呼ばれる技術によって制作されたこの映像は、脳の神経の細かな動きや回路を追跡し、金属の輝きを放つ輝かしいイメージを作り出している。

Self Reflected - A First Look

 この作品は、実際の人間の脳をもとに、神経回路のアルゴリズムをシミュレーションし、純度22金の金箔を1,750枚を使用し、反射的マイクロエッジングという技法を使い脳とニューロンの微視的な振る舞いを表現したものだ。

 脳細胞と宇宙はとても良く似ているそうだが、まさに人体の中にある神秘的宇宙のようだ。

1.
01_e11
image credit:Greg Dunn and Will Drinker

2.
02_e11
image credit:Greg Dunn and Will Drinker

3.
03_e11
image credit:Greg Dunn and Will Drinker

4.
04_e11
image credit:Greg Dunn and Will Drinker

5.
05_e11
image credit:Greg Dunn and Will Drinker

6.
06_e9
image credit:Greg Dunn and Will Drinker

7.
07_e9
image credit:Greg Dunn and Will Drinker

8.
08_e8
image credit:Greg Dunn and Will Drinker

9.
09_e8
image credit:Greg Dunn and Will Drinker

10.
10_e8
image credit:Greg Dunn and Will Drinker

11.
11_e8
image credit:Greg Dunn and Will Drinker

 この作品はは国立科学財団が資金提供をしており、アメリカ・ペンシルバニア州フィラデルフィアのフランクリン研究所で永久的に展示されるという。

 また、ダンのウェブサイトでは、ファインアートの印刷物やマイクロエッチングを購入することができる。


via:Colossal / Dr. Greg Dunn / My Modern Met・translated by どくきのこ / edited by parumo

カラパイア

この記事が気に入ったらいいね!しよう

金箔をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ