漫画『深夜食堂』の「ナポリうどん」を再現したレシピ紹介

11月13日(水)16時0分 NEWSポストセブン

もちもちっとしたうどんで味わう「ナポリうどん」(撮影/寺澤太郎)

写真を拡大

 深夜0時から朝の7時頃までしか営業しないことから“深夜食堂”と呼ばれる「めしや」での、マスターと客たちとの交流が描かれる人気漫画『深夜食堂』(著者・安倍夜郎)。作中に登場するメニュー75品を、女性料理研究家4人がマスターになりきって「我が家の深夜食堂レシピ」として紹介するレシピブック『おうちで深夜食堂』も発売された。同書でのマスターのひとり、料理家として活躍中の小堀紀代美さんによる「ナポリうどん」(単行本14集)のレシピを紹介しよう。


◆材料(2人分)

冷凍うどん…2玉

玉ねぎ…1〜2個

ピーマン…2個

マッシュルーム…4個

ウインナソーセージ…3本

ミニトマト…4個

塩…ひとつまみ

しょうゆ…小さじ1+1/2

粗びき黒こしょう…適量

トマトケチャップ…大さじ5〜6

オリーブオイル…大さじ2

温泉卵(市販)…2個

粉チーズ…少々


◆作り方

【1】玉ねぎは薄切りに、ピーマンはへたと種を除いて薄い輪切りにする。マッシュルームは石づきを切り落として薄切りに、ソーセージは1.5センチ長さの斜め切りにする。うどんは袋の表示どおりにゆで、洗ってぬめりを取り、ざるに上げて水けをきる。


【2】フライパンにオリーブオイルを強めの中火で熱し、ソーセージ、玉ねぎ、マッシュルーム、ミニトマトを入れて炒める。塩、黒こしょう、ケチャップの2/3量を加えて炒め合わせる。うどん、残りのケチャップを加え、強火にして炒める。ピーマンを加えてさっと炒め、しょうゆを加えて大きく混ぜて火を止める。


【3】器に盛り、温泉卵をのせて黒こしょう、粉チーズを振る。好みでパセリのみじん切りをかけても。


●こぼり・きよみ/東京・富ヶ谷のカフェ『LIKE LIKE KITCHEN』で2012年まで料理人兼オーナーを務め、現在は料理家として雑誌等を中心に活躍中。スパイスやハーブを使った料理が得意。自宅で開催の料理教室は、予約がとれないほどの人気。著書に『フルーツのサラダ&スイーツ もっとおいしい組み合わせで』(NHK出版)、『予約のとれない料理教室 ライクライクキッチン「おいしい」の作り方』(主婦の友社)など多数。


◆『ビッグコミックオリジナル』で連載中の大人気コミック『深夜食堂』(著者:安倍夜郎、第1集〜第22集が発売中)に登場する「めしや」のメニュー75品を、女性料理研究家4人がマスターになりきって「我が家の深夜食堂レシピ」として紹介するレシピブック『おうちで深夜食堂』が発売中。レシピは簡単なステップでパパッと作れるレシピは、料理ビギナーでも気軽に挑戦できるものばかり。ドラマ『深夜食堂-Tokyo Stories Season2-』はNetflixにて配信中。


※週刊ポスト2019年11月22日号

NEWSポストセブン

「深夜食堂」をもっと詳しく

「深夜食堂」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ