結婚に躊躇していた彼が結婚を決意した理由「一番の決め手は...」

11月15日(金)18時0分 AbemaTIMES

 11月9日(土)よる10時より、AbemaTVにてオリジナル結婚リアリティーショー『さよならプロポーズ』最終回が放送され、当初は結婚を渋っていたフミヤ(26)が、彼女のカナミ(27)と夫婦になる決意を固め、ついにプロポーズ。なぜカナミと結婚する気になったのか、フミヤがその理由を語った。

 本番組は、仕事が第一の彼氏を持つ交際2年のカップルと、関東と関西の遠距離恋愛をしている交際3年のカップルの2組が、イタリア7日間の旅を通し、最終日に“結婚する”か、“別れる”かのどちらかを必ず決断する、最も残酷で、愛に溢れた結婚リアリティーショー。小籔千豊がメインMCを務め、最終回となった第12話はゲストに陣内智則、紗栄子、桃を迎えて放送された。

 交際、同棲して2年。結婚のタイミングを見失っていたフミヤとカナミは、7日間の“決断の旅”の末に、永遠の愛を誓った。しかし、これまでの道のりは、決して平坦なものではなかった。カナミが当初から結婚を強く望んでいたのに対し、フミヤは後ろ向きな発言を繰り返し、口論に発展することもしばしば。その極めつけとなったのが、決断前日にスーパーマーケットで勃発した、大ゲンカだった。
 
 様々な波乱を乗り越え、ようやく掴んだ2人の幸せ。フミヤからプロポーズを受けた後、カナミは「普段あんまり喧嘩しないのに、しちゃったからダメかなと思ったこともあったけど」と笑顔で振り返った。

 一方のフミヤは「いざ旅に来てみて、日に日に選択が迫っていく中で、今まで思ったことない感情がどんどん湧いてきて、『俺でカナミを幸せにできるのかな』って思いが出てきたりして、本当に五分五分になった瞬間がありました」と、迷っていた時期があったことを告白。その上で「でも一番の決め手だったのは、昨日のカナミの涙。スーパーマーケットの涙」と、スーパーマーケットで喧嘩をした際に見た、カナミの涙が決め手になったと明かした。

 号泣するカナミの姿を見たことで、存在の大きさを改めて痛感したというフミヤ。「心からカナミを失う怖さをリアルに感じることができて。どんな思いよりも強く僕の中に残った」と、心を動かされた瞬間を回想していた。
 

▶動画:【同棲2年カップル決断】幸せのつくりかた さよならプロポーズ

AbemaTIMES

「結婚」をもっと詳しく

「結婚」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ